管理人運営YouTube

PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

グランド・シート、一人用ミニタープ、どちらにも良し。「Terra Hiker レジャーシート」

2020.08.30/Sun/19:44:51

DSC06950.jpg今まで使ってきたレジャーシートが破れてしまったのでソロキャンプ向けに新しいレジャーシートを購入しました。「Terra Hiker レジャーシート」です。
【NatureHike レジャーシート破損】

2m 四方程度のレジャーシートは、地面に敷くと、3~4名程度のピクニックにぴったりです。また、そのシートが防水で「ハトメ穴」が開いていれば、その大きさはソロキャンプ用にちょうどいい大きさのタープにも利用可能です。約5年前、215cm x 215cm の大きさの NatureHike 製のレジャーシートを購入。

DSC06959.jpg

便利に使ってきました。

IMGP3026.jpg
(レジャーシートをミニタープとして利用した例)

しかし、数年前、同じようにタープとして利用した際、周辺の子供にロープを足で引っ掛けられてしまい、避けてしまいました。

DSC06960.jpg

その小さな子供を責めるつもりは全くありません。恐らくその子供たちはロープがあるなんてわからなかったのですから。今後は、サイト同士の距離が近い、込み合ったキャンプサイトでは、ロープが目立つように何らかの対策が必要だと学習しました。

【レジャーシート買い直し】

破損した NatureHike のシートは、捨ててしまうか迷ったですが、避けた部分は、「辺」の中央にあるハトメ部分のみ。地上に敷いて使うときは利用可能だと考えたので、捨てずにしまっておくことにしました。

新たに購入したのが、やはり Amazon で格安で売っていたこれ。「Terra Hiker レジャーシート」です。

DSC06950.jpg

DSC06951.jpg

ラインナップには、Sサイズ(150cm x 220cm)とMサイズ(180x220)があり、今回購入したのはMサイズ。Mサイズは、Sサイズと大きさが異なるだけでなく、ハトメ部分にナイロン製のループが付いている違いがあります。

DSC06957.jpg

大きさは、215cm x 215cm だった NatureHike と比べると、少々小さい 180cm x 220cm。

DSC06964.jpg

しかし、その分重量も軽量。NatureHike は収納袋込みで、462g であるのに対し、

DSC06966.jpg

今回買った Terra Hiker は375g。87g 軽量です。

DSC06965.jpg

品質は、NatureHike 同様、上等だと思います。縫製や防水性もしっかりしています。生地の縫い合わせ部分には、ちゃんとシームテープ処理が施されていました。

DSC06955.jpg

ループがあるのはうれしいことで、タープポールをつなげる際はハトメを使い、ロープを結ぶ際はループを使うことで、引っ張り耐性が高まると考えられるからです。

DSC06954.jpg

近々、都内の湾岸のキャンプ場「城南島海浜公園キャンプ場」に1泊ソロキャンプを行う予定で、本製品をタープとして利用する予定です。楽しみです。



【関連ページ】
手軽に行ける湾岸地区の城南島キャンプ場で「小川張り」
都心でテント泊ができる「城南島海浜公園キャンプ場」
ファミリー向けの格安タープ BUNDOK ミニヘキサゴンタープ BDK-25
格安防水シートをミニタープとして活用

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。



関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/837-1d300591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top