PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

10年ぶりに自宅PCを AMD RYZEN 5 でアップグレードする

2020.07.25/Sat/01:14:37

DSC06353.jpg今までだましだまし使ってきた Celeron E3300 の PC を10年ぶりに中身をリフレッシュ。最新パフォーマンスに更新しました。
【骨董品PC】

何を隠そう、私の自宅のメインPCは、10年前(2010年5月)に導入したものです。CPU はCelecron E3300、メモリは当初1GB でした。その後、メモリを 2GB に増設(参考ページ:「デュアルチャネル・メモリの効果を見る」)、さらにメモリを 4GB に増設しました。

ここまで何とか使えてきたのは、私は「ゲームはやらない」ことと、Celoron E3300 の神がかったクロックアップ耐性の高さ故、定格 2.5GHz の CPU を 35% クロックアップして 3.4GHz で安定して使ってこれたこと、OS を Windows 7 から 10 にアップデートしたこと、さらに Cドライブを SSD に換装していたことによります。

20200617-12.png
(長年使ってきた Celeron E3300)

マザーボードは FOXCONN製の G41MXE。Micro ATX フォームファクターのマザーボードです。

DSC06418.jpg

【更新の理由】

何とか今まで使ってこれたこの PC ですが、最近、いよいよ限界を感じてきました。その限界は2点あります。

  • CPUパワーがもはや非力すぎる
  • 32bit 版 Windows であるため、メモリとアプリの両面で限界が見えてきた

CPU パワーについては、Youtube の動画視聴の際に痛感しました。最近の Youtube コンテンツは、Full HD(1920x1080)、60FPS で見ることが可能ですが、私が旧環境の Chrome でその動画を見ると、動画が「カクカク」し、見れたものではありません。その際の CPU 利用率を見ると、CPU の処理能力不足が発生していることがありありとわかりました。

20200617-20.png
(動画再生中から停止した際のCPU利用率推移)

さらに、今後は動画の編集をしてゆきたいと考え、Power Director 等の動画編集ソフトを導入する予定なのですが、それが、32bit 版は対応なし。その他、かなりのソフトが 64bit に移行を見据え、32bit 版を出していない状況になってきています。

また、32bit 版 Windows のカバーする最大ユーザーメモリ容量は 3GB 程度。その容量だと、私が使っているフォトレタッチ・ソフトのGIMP でミラーレス一眼(α6400)の写真を開くと、最大5枚しか開けない状況です。

したがって、「もはや、この CPU と、この OS では、この PC の将来はここまで」と悟りました。

そこで、PC を刷新する必要が出てきたのですが、今回は、「PCの置き場所をそのままにしたい」、「なるべくパーツを流用してコストを抑えたい」という理由のもとに、PC の買い替えは行わずに、PC の「更新」を行うことにしました。

最近の PC ケースは、一昔前と比べると大きくなってきています。その理由は…

  • 裏面配線を行えるよう、マザーボードマウント側のケースの幅が増した
  • ケースファンや水冷ラジエーターの設置ができるように、ケース前部にファンをマウントするスペースが設けられている
  • ケース内エアフローの改善と、フルサイズ・グラフィック・ボードの設置のため、ケースの前後長が増している

などが考えられます。最近、PCショップで数々のPCケースを見たりしますが、私の所感では、Micro ATX ケースなのに、一昔の Full ATX ケースくらいの大きさになっています。最近はケースの大きさが肥大化しました。

私の PC は、机の下に「ひっそりと」置かれています。この側面側に可動式の引き出しが位置するので、ここに設置するとPCの存在を隠すことができます。

IMG_4892.jpg

このコンパクトなケースは、そのまま流用して、中身をすげ替える方針で、PC をリフレッシュすることにしました。

【購入パーツ】

そこで、必要なパーツを購入しました。「CPU」、「メモリ」、「マザーボード」、「SSD」、「Blu-Ray ドライブ」です。「Blu-Ray ドライブ」は、現在付いている「DVD-RW」ドライブが故障しているため、仕方なく導入したものです。それ以外は、ケースや電源等は流用しつつ、中身を最新PC にするためには必須のパーツです。

DSC06352.jpg

まず、CPU は検討の結果、「AMD RYZEN 5 3600」に決定。私はゲームはやらず、画像編集、動画編集の方向性です。その場合は、この RYZEN 5 3600 のコストパフォーマンスは素晴らしいものです。

DSC06353.jpg

次に、その CPU が動くためには、マザーボードの新調が必要です。調査の結果、micro ATX では、ASROC の B450M pro4 がコスト面、安定性面の両面で優れているとのことで、購入しました。RYZEN 3000シリーズ以上を載せるには、BIOS を Version 3.30 以降にする必要がありますが、購入したマザーは最新の Ver. 3.90 になっていました。

DSC06361.jpg

次にメモリーですが、RYZEN CPU のパフォーマンスを引き出すには、メモリの速さが重要とのこと。そのくせ、RYZEN は、メモリーを「選ぶ」(相性がある)とのこと。そのため、RYZEN と ASROK B450M Pro4 の組み合わせで DDR4-3200MHz の動作実績がある Kingston 製の Hyper X オーバークロックメモリを購入しました。

DSC06354.jpg

DSC06355.jpg

次に SSD です。もともと、Cドライブは S-ATA 接続の SSD ドライブとし、各種データは通常ハードディスクとしていました。そのため、データディスクはそのまま流用できるのですが、OS をインストールするドライブは交換となります。今回は、マザーボードに M.2 MVMe スロットがあるため、S-ATA 接続のドライブではなく、M2 MVMe 対応の高速 SSD を導入しました。Samsung 970 Evo Plus です。

DSC06357.jpg

最後に Blu-Ray ドライブです。これは、パソコンで Blu-Ray の映画が見たいというニーズのために買い換えました。Blu-Ray への書き込みには対応していませんが、書き込みは DVD で良いと割り切り、なるべく格安なドライブをということで、ASUS のドライブを選びました。

DSC06358.jpg

【組み立て】

今回は、マザーボードごと取り換えるので、言ってみればPCの全とっかえです。マザーを取り替えるので、マザーボード交換前にやっておくべき作業は実施しておきます。

DSC06408.jpg

まず、CPU を取り付けます。CPU の向きを合わせてソケットに落とし込み。レバーを下げれば完了。

DSC06409.jpg

次にメモリを取り付けます。重要な点は、今回のように同じ規格のCPUを2枚挿す場合は、パフォーマンスを最大限引き出すためには、スロットを一つ開けて、#2, #4 にメモリを挿す必要があります。

DSC06411.jpg

次に SSD です。

DSC06412.jpg

そのまま、M.2 ソケットに取り付けても良いですが、私は、用心のため、アルミ製ヒートシンクを取り付けました。M.2 ソケットには、次の写真のように約30°の角度で挿入し、突き当てたらマザーボードに平行になるまで基盤を下げてねじ止めして固定します。

DSC06414.jpg

つぎは、CPU ファンの取付です。今回私は、この CPU については、当初からオーバークロックを行う予定はないので、CPU に付帯しては純正CPUクーラーを利用します。純正CPUクーラーには、CPU接触面にあらかじめ熱伝導グリスが塗布されているので、CPUのヒートスプレッダ面にグリスの塗布は不要です。念のため、ヒート・スプレッダ面の脱脂(清浄)は念入りに行いました。

DSC06415.jpg

CPU クーラー装着完了。この段階で、マザーボードをケースにマウントします。

DSC06417.jpg

あとは、電源や HDD、ケースのスイッチ、LED 等を取り付けて完成。

DSC06424.jpg

【電源投入と UEFI設定】

必要な配線を実施し、電源投入。何度も PC を組んでいるとはいえ、この時は緊張します。最初の Boot はある程度時間がかかった記憶がありますが、無事に起動完了。ただし、この段階ではメモリーが DDR4-2400 というコンサバな設定なっています。

DSC06422.jpg

そのため、メモリ・プロファイルを変更、XMP プロファイルを有効にすることで、このメモリの性能を引き出す、DDR4-3200 に変更しました。

DSC06423.jpg

OS をインストールし、CPU も問題なく RYZEN 5 3600 と認識されました。

20200621-08.png

【費用について】

今回の計画検討の際、完成品を新規購入する案も検討しました。しかし、先に述べた通り、最近のPCは「でかい」ので、ケースを温存したまま、内部を更新する「自作PC」の方針を取りました。私は、PC内部のドライブ構成として、「光学ドライブ」、「OS、アプリ用(SSD)」、「データ用(HDD)」、「バックアップ用(HDDx2 Windows ミラードライブ)」と、ストレージ関係はかなりの重装備となっています(5インチベイ x1、3.5インチベイ x3)。このドライブ類を収められて、現行程度のサイズを達成しているケースは、現在皆無と言っていい状況です。

DSC06418.jpg
(換装前のパーツ収容状況)

したがって、今回はケースはこのまま流用することにしました。裏面配線設計もなく、マザーボードの裏側のフタを開けることもできず、使い勝手と見栄えは悪いですが、何より「コンパクト」なままで、今までと同じ場所にしまっておけるのでありがたいです。現行の PC ケースの横幅は 18cm。最近はこの位の横幅のミニタワーケースを見つけることが難しくなりました。

DSC06424.jpg
(換装後のパーツ収容状況)

電源やOSライセンス、キーボード等、流用できるものは購入しなくて済んだので、費用も合計6万円程度と相当節約できました。恐らく、このパフォーマンスの PC を新規購入した場合、軽く10万円を超えてしまいます。

PC更新費用内訳
構成要素製品名購入価格
CPUAMD Ryzen 5 360023,880円
メモリKingston DDR4 3200MHz 8GBx2枚 HyperX FURY9,225円
マザーボードASRock B450M Pro48,236円
光学ドライブASUS Blu-Ray BC-12D2HT6,100円
M.2 SSDSamsung 970 EVO Plus 500GB14,949円
ヒートシンクアイネックス M.2 SSD用ヒートシンク HM-21567円
ビデオカード玄人志向 GeForce GTX650Ti(流用)0円
ケース既存ミニタワー(流用)0円
電源既存ATX電源(500W)0円
キーボード既存106キーボード0円
マウスエレコム有線トラックボール M-XT3URBK(流用)0円
OSWindows 10 Pro パッケージ版(流用)0円
合計62,957円
(※購入当時価格、税込)

【換装結果】

10年ぶりに PC を刷新したわけで、すべてが改善されました。まず、最も大きな不満だった、Youtube 再生時の CPU 利用率は激減され、スムーズな動画になりました。

20200724-01.png
(Chrome で Full HD 60FPS 動画再生時の CPU 状況)

有名なベンチマーク・ソフト「Pass Mark Ver 10.0」では、Celeron E3300 の総合スコアが、「1016」という底辺クラスのスコアだったのに対して…

20200617-06.png

RYZEN 5 3600 更新後は「4857」と、立派な数値になりました。ビデオカードが Geforce GTX650ti という 8年前の旧製品であるため、ビデオのパフォーマンスが全体のスコアの足を引っ張っていますが、それ以外は完全に現行第一級レベルに生まれ変わりました。

20200621-02.png

CPU ベンチマークとして有名な Cine Bench(R. 20) も実行してみました。スコアは 3451 とまずまずでした。

cinebench20200629.png

【感想】

CPU を Celeron E3300 からインテル・キラーと呼ばれる最新鋭の RYZEN 5 3600 に交換したわけで、さすがにすべてにおいて PC の利用が快適になりました。念願の動画編集ソフト「Power Director 18」も導入することができました。今後、何年間、このPCを利用し続けることができるかは未知数ですが、これで当分(数年間)はPC のパフォーマンス・アップに気を取られずに済みそうです。



【関連ページ】
34インチ・ウルトラワイド・モニター「LG 34WN750-B」の導入
モニターを自由に動かすことができる Amazon Basic モニター・アームの導入
デュアルチャネル・メモリの効果を見る
Celeron Dual Core E3300 軽く 34% クロックアップ
Pentium 4 マシンの延命パワーアップ RADEON 3850 AGP

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/829-a91092fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top