PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

フロアポンプ「SERFAS FP-200」のメンテナンス

2020.05.31/Sun/21:06:13

DSC06190.jpg普段自宅で利用中の空気入れ「SERFAS FP-200」のメンテナンスを実施しました。
【利用中のフロアポンプ】

我が家には自転車が合計6台あります。その内訳は、ロードバイクが2台、クロスバイク2台、小径車1台、ママチャリ1台です。このうち、ロードバイク、クロスバイクはタイヤに空気を入れるための口金が「仏式(フレンチバルブ)」という細身のもの。また空気圧管理も重要であるため、フレンチバルブ対応で、空気圧ゲージ付きのフロアポンプを約7年前に買いました。「SERFAS FP-200」です。

DSC06183.jpg

20140705-03a.jpg
20140705-02.png

【メンテナンス】

今まで7年間、何のトラブルもなく働いてくれました。しかし本日、それにあぐらをかくことなく、点検がてら、メンテナンスを行うことにしました。ポンプ内部にはシリンダーとパッキンがあり、劣化状態を見ておきたかったからです。

内部を見るのは簡単。まずは、上部カバーを留めているビスが2本あるので…

DSC06184.jpg

そのビスを外します。3mm の六角レンチが適合しました。

DSC06185.jpg

ビスを外したら、上部カバーを上に引っ張れば、内部が開きます。

DSC06187.jpg

ポンプハンドルをゆっくりと持ち上げると、パッキン部分が現れます。この構造を見たのは初めてですが、先端部はよくありがちなコルクの傘ではなく、ゴム製のOリングで気密しています。

DSC06188.jpg

あとは、このパッキン部分に破損がないことを確認し、パッキン自体の保全を行います。これはゴム製のOリングであるため、むやみにグリスやオイルを塗るのは好ましくありません。ゴムやプラスチック樹脂を攻撃しないケミカルが必要です。

このような条件に適合する代表的ケミカルは「KURE ラバー・プロテクタント」、もしくは「プレクサス(Plexus)」でしょうか。私は両方持っています。

DSC06190.jpg

今回は、KURE ラバー・プロテクタントを使いました。ペーパータオルで先端部をクリーニングし、Oリングにラバー・プロテクタントを吹き付けて、汚れを落とし、潤滑します。

DSC06191.jpg

あとは、元通り上部カバーを戻して固定して完了。簡単です。

7年使い込みましたが、何ら劣化していないのに感心しました。余計なお世話ですが、これでは、新しい製品が売れないので、メーカーが困るのではないでしょうか(笑)。



【関連ページ】
オールマイティな自宅常備用高圧ポンプ SERFAS(サーファス) FP-200
CO2 インフレーターと併用したい超小型ポンプ Airbone ZT-702 Supernova
アルミ削り出しの美しい携帯ポンプ GIYO GP-85
空気圧確認のための米式バルブ・チューブ

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/817-7daf90ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top