PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ロードバイクのドライブトレイン取替(その2 アルミロードの11速化)

2020.05.08/Fri/19:54:20

DSC05945.jpg巣ごもり中のゴールデンウイークを利用し、手持ちの2台のロードバイクのドライブトレインを更新する企画。今回はその2回目。カーボン・ロードバイクから取り外した R7000シリーズのドライブトレインをアルミ・ロードバイクへ移植します。
【前回までのおさらい】

外出自粛のGWを利用し、2台のロードバイクのコンポーネントを底上げしようという企画。前回は、アルミロードをオーバーホールしがてら、取替対象パーツを全部取り外し。カーボンロードからの 105 R7000 シリーズコンポーネントの装着準備をしました。

DSC05852.jpg

今回は、カーボンロードから R7000 コンポーネントを取り外し、アルミロードに取り付けます(下図の手順2、手順3)。
CompoExchange.png

【R7000 パーツの取り外し】

カーボンロードから 105 の R7000 シリーズのパーツを取り外します。今回は、アルミロードに付いているキャリパーブレーキ(BR-5800)は、まだまだ使えるので、キャリパーブレーキは交換対象としません。結果、カーボンロードのコンポーネントは「フル・アルテグラ」ではなく、ブレーキは 105 のままになります。非常に気になればアルテグラに統一しますが、現在取り付けている 105 BR-7000 と、アルテグラ BR-8000 との性能差はほとんどなく、BR-8000 は28C タイヤに対応している程度とのこと。私のカーボンロードは、フレームの仕様上、25C のタイヤまでしか入らないので、ブレーキは当面このままで行きます。

DSC05905.jpg

はい、取り外し完了。パーツの取り外しは取付よりもすいすい進みます。ブレーキやシフトワイヤーは再利用しないので、ケーブルカッターでバチバチ切って行けば取り外しの効率が上がります。気を付けなければならないのは、このフレームはワイヤー内装タイプなので、うっかり全部ワイヤーを抜かないことですね。シフトワイヤーは Di2 化するためケーブルを残す必要はありませんが、リア・インナー・ブレーキ・ワイヤーは、ワイヤールートガイドに活用するため、通したままにしておく必要があります。

DSC05906.jpg

【STI レバー組付け】

あとは取り外したパーツをアルミロードへどんどん取り付けてゆきます。まずは、STI レバーですが、取付の際は、可能な限りこのようにハンドルを取り外し、平らな面に置いて左右の「ガタ」がないようにすると左右の対称性がバッチリ出ます。お勧めです。

DSC05920.jpg

私は、STI の取り付け位置は、このようにハンドルバーの「肩」とSTIのブラケット部が「直線」になるように取り付けています。いろいろ試した結果、最もしっくりくるSTI取付角度がこれでした。

DSC05939.jpg

また、STIレバーの左右の取付角度ですが、このようにハンドバーの角度の流れに沿って、先端を若干内側にするのが最も握りやすく、疲れにくかったです。

DSC05937.jpg

【その他主要コンポーネント組み付け】

このように、基本コンポーネントを装着しました。仮決めなので、ここまではそれほど面倒ではありません。

DSC05924.jpg

【チェーン長調整】

次はチェーンです。このチェーンはデュラエース・グレードで、それほど走行距離を経ていないので、何とか流用したいパーツでした。ところが、チェーンの長さについて、下記の SHIMANO の基準に照らすと…

20141018-01.png

チェーンの長さが2コマ足りません。スプロケットは同じものを流用です。元々このチェーンを使っていたカーボンロードのダウンチューブ長が、このアルミロードバイクのダウンチューブ長よりも若干短く、その長さにチェーンの長さを合わせていたためです。

DSC05918.jpg

幸い、購入時のチェーンを切った残りとコネクティング・ピンが残っていましたので、これで継ぎ足して流用することにしました。

DSC05919.jpg

【ケーブリング】

次に、ケーブリング作業に移ります。

DSC05927.jpg

R7000系の変速メカは、相当複雑です(特にフロントディレイラー)。当てずっぽうで取付、調整すると痛い目に遭います。ブレーキと変速機関係のケーブリングと調整は、ディーラーマニュアルを印刷して、それをしっかり参照して行います。

DSC05928.jpg

この工程で特にあった方が良いのは、2mm のドライバー型六角レンチ、さらに T型六角レンチです。写真は 5mm のものです。2mm のドライバー型レンチは、ディレイラーの変速範囲や角度調整、ブレーキの片当たり調整などに重宝します。最近の SHIMANO パーツはケーブル固定ボルトに 4mm を使うことが多いので、T型レンチは 4mm と 5mm があると良いですね。あと、必需品は「ケーブルカッター」。これがないとアウター、インナー共にケーブルを切断することができません。(参考過去執筆ページ:やはり必需品。ワイヤーカッター

DSC05929.jpg

さて、ケーブル作業完了。この工程が最も時間と神経を使いました。

DSC05945.jpg

【バーテープを巻いて完成】

次は最後の仕上げ、ハンドルバーにバーテープを巻きます。

DSC05943.jpg

巻き終わりました。これで、アルミロードバイクが、11速の最新ドライブトレインに生まれ替わりました。まるで新車を買ったようにうれしい気持ちです!

DSC05944.jpg

最後に、計量しました。

DSC05946.jpg

実測 9.26kg。前のコンポ装着時は 9.44kg だったので、0.18kg 程度、軽くなったことになります。それほど軽量化の恩恵はありませんが、11速の最新コンポに乗せ換えが完了し、最新の操作性、最新の性能に生まれ変わったので大満足です。

【次回】

これで、普段使いのアルミロードバイクのリフレッシュは完了。いつでも乗ることができるようになりました。次回は、パーツを分け与えた側のカーボン・ロードバイクに Ultegra Di2 (R8050シリーズ)を搭載します。

DSC05967.jpg



【関連ページ】
ロードバイクのドライブトレイン取替(その5 ケーブル内装ドロップ・ハンドルの取付)
ロードバイクのドライブトレイン取替(その1 アルミロードの分解整備)
ロードバイクのドライブトレイン取替(その3 カーボンロードに Ultegra Di2 取付)
ロードバイクのドライブトレイン取替(その4 ケーブルグロメットをシマノ製に交換)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その6 完成編)
エントリータイプの8速ロードバイクを9速にグレードアップ
SLR-EV に変わった新型105(BR-5800) 導入編
やはり必需品。ワイヤーカッター (WC-150)
ロードバイクのケーブルの全交換

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
タグ: 105  R7000  Di2  R8050 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/812-6d4112fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top