PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ハブダイナモのライトを修理する

2020.01.02/Thu/17:56:41

DSC04215.jpg息子が使っているハブダイナモ装着自転車のライトが点灯しないとのこと。原因調査を行い、修理して直しました。
【ライト点灯不良】

私の息子が使っている自転車は、かれこれ8年以上前に購入したサイクルベースあさひの「ディアリオ」というお買い得車。すでにあちこちガタが来ていますが、修理しつつ乗り続けています。

DSC04206.jpg

先日、息子から「ライトが点かない」との報告が。夜間、暗くなってからも使う自転車なので無灯火はまずいです。しかし、この自転車のライトは、ハブダイナモと対応ランプのセットです。

DSC04207.jpg

これを直すためには、原因究明と部品の修理か調達が必要です。即日直すことができないと思われたため、ハンドルマウントのライトを付けてやり、それで数日凌ぐように伝えました。

【原因究明】

さて、このライトを直すには以下の手順を踏む必要があります。

  • ハブダイナモが正常かチェックする
  • ライト本体をチェックする
  • 不良な部分を直す

要は、上記最初の手順で、ダイナモが問題なのか、ライトが問題なのかを見極める必要があるということです。ダイナモが不良だとすると、ダイナモだけの交換はホイール組み作業を行わねばならず、相当厄介です。ダイナモが不良の場合は、フロントホイールを出来合いのものに交換し、ライトは別体を新規調達する覚悟を決めていました。

まず、ダイナモから電気が出ているか(動作しているか)をチェックするため、ダイナモに接続されているケーブルを外します。

DSC04198.jpg

電気が来ているか確かめるため、私は手持ちのテスターを使いました。このようにテスターのプローブの一端をケーブルを取り外したコネクターに当て、もう一つをハブ軸近くの金属部分に当てます。ハブダイナモから生み出される電気は AC6V(交流)であるため、テスターのレンジ・スイッチはそれをカバーするレンジにします(例:AC 0-15V)。

ちなみに、ハブダイナモで発電された交流電気は、ライト本体側で蓄えることで一定の明るさにしています。自転車の速度が低速の際に、ハブダイナモ・タイプのライトがチカチカするのは、ハブダイナモが交流発電機であるためです。

DSC04199.jpg

チェックすると、ハブダイナモからは問題なく電気が出ていることがわかりました。したがって、問題はライト本体側であることが判明。大事にならずに済み、ちょっと安心です。

DSC04204.jpg

【ライトの修理】

ライトに問題ありということなので、ライトを外します。この時点での選択肢は、ライトを修理するか、買い直すかです。ハブダイナモ対応LEDライトなので、単に豆電球が接続されているものではありません。基盤内部や部品に問題があるのなら、私の技量では修理できません。買い直しです。

意を決してライトを開けてみると、案の定、ダイナモへの接続用ケーブルの端が、基盤から外れていました(次の写真)。写真では指でつまんでいるケーブルの一端が基盤に当たっているので紛らわしいですが、このケーブルが外れていました。ケーブルとライトの振動で、基盤のはんだ付け部分がもげてしまったようです。

DSC04209.jpg

どこに接続されていたのかについては、ちょっと見ればすぐわかります。次の写真の基盤上、「IN2」の部分です。

DSC04211.jpg

このケーブルが基盤から外れてしまった大きな理由の一つは、ケーブルがケース内で固定されていなかったから。ケースからケーブルがそのまま出されていたため、ケーブル全体の振動が、はんだ付け部分に直撃し、接続部の劣化につながったのだと思います。したがって、ケーブルを引っ張る作用に対し、ケースの中でケーブルが止まるように、このようにケーブルで結び目を作っておきます。

DSC04213.jpg

このように基盤を固定し、両手を使えるようにして、はんだ付けを行います。

DSC04212.jpg

はんだ付け完了。結び目をケースの中に入れるようにして、ライトケースを閉めます。

DSC04214.jpg

あとは、修理完了したライト本体を、自転車に固定し、ケーブルをハブダイナモに再接続します。

DSC04215.jpg

【修理完了】

無事にライトが点灯するようになりました。最低でもライト本体の買い直しを覚悟したのですが、自分の手間だけで費用ゼロで修理することができました。めでたし。

DSC04217.jpg



【関連ページ】
ダイソーの100円ミニバイス
お買い得クロスバイク「ディアリオ」
中華ライトを自転車に取り付ける定番ツール「Bikeguy バイクライトホルダー」
クロスバイクに「かしこいランプ」を取り付ける
見せてもらおうか、CATEYE 最新ヘッドライトの性能とやらを
自転車用ライトの"新"定番「VOLT300」と定番「SG-355B」を比べてみる
400ルーメン掛け値なし!自転車向け配光パターンを持つ充電式ライト

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
タグ: マグボーイ 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/802-a8fe098c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top