PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

紅葉シーズンに自作カーボンロードバイクでヤビツ峠へ

2019.12.03/Tue/01:33:23

DSC03739.jpg11月下旬に自作のカーボン・ロードバイクで初めてのヒルクライムを行うことにしました。場所は紅葉がきれいに見えるはずのヤビツ峠。天気に恵まれ、峠の帰りにきれいな景色を見ることができました。
【自作フルカーボン・ロードバイク】

1年半位前、フレームセットとパーツをバラで購入し、カーボン・ロードバイクを自作しました。

DSC03302.jpg

今までそのロードバイクでは、週末にちょいのりするくらいで、遠出はしていませんでした。せっかく作ったのに、もったいないと思っていて、いつかはこのロードバイクでロングライドに行きたいと思っていました。

【行先検討】

今回、行先はヤビツ峠にしました。ヤビツ峠は神奈川県の大山の中腹にある峠で、標高は761m。1時間程度で上れる適度な峠のため、関東近辺の自転車乗りにとっては、非常に有名なヒルクライム・コースです。今時分の11月下旬は、そのあたりは紅葉シーズンでもあるため、きれいな景色を見ることができるはずです。そこで、天気予報を見越して、11月の最終週の土曜日に行くことにしました。

ヤビツ峠へのアクセスは、小田急線秦野駅へ輪行するのが一般的です。私は世田谷区に住んでいるので、ヤビツ峠まで走って行くのは避けて、電車で輪行することにしました。

P_20191130_083656.jpg

そのルートは、多くのサイクリストが提唱している、国道246号線、名古木交差点からヤビツ峠駐車場までとすると、全長 11.8km。頑張れば1時間程度で上れてしまいます。電車を使えば、朝早く出ると、半日で上って下りてこれる計算になります。このヒルクライム・コース攻略の条件として、「途中止まらずに上りきる」ことをする方が多いですが、私は今回は無理せず、良い景色の場所があれば迷わず停まって眺望を楽しみ、写真を撮ることを念頭にするので、途中は何回か停まることを前提としました。

その代わり、帰りは、コンディションが良ければ、電車を使わずに自宅まで自走して帰ることしました。そうすれば、自宅に夕方に帰ってこれるもくろみです。それで、当日は朝早く(7時頃)出発しました。持って行った荷物はこんな感じ。カメラがなければ、バックパックなしのミニマム装備も挑戦したのですが、今回はカメラと交換レンズを持ってゆくので、バックパック必須となりました。

P_20191130_070158.jpg

【秦野駅到着】

秦野駅に到着しました。

DSC03710.jpg

DSC03711.jpg

駅を出たら、邪魔にならない場所を見つけて、自転車を組み立てます。

DSC03712.jpg

組み立て完了。これから出発します。

DSC03716.jpg

【ヤビツ峠へ】

天気も良く、気持ちよく上って行きます。出発して感じたのは、やはり軽いバイクは、ヒルクライム・コースで有利だということです。このロードバイクのギアはフロントが 50-34T のコンパクトクランク。リアは11-30T です。さすがにフロント・アウターを使うことはなかったですが、リアはロー側の3~4段を切替えながら走ることができました。以前のアルミ製ロードバイクでは、インナー・ロー(34 x 32T)ばかり使っていたので、今回は走りに余力を感じられました。

DSC03718.jpg

そうこうしているうちに、目的地「ヤビツ峠駐車場」に到着。記念写真を撮り、すぐに引き返します。

DSC03739.jpg

いつもはここを通り過ぎて「裏ヤビツ」に行き、宮ケ瀬湖経由で下るのですが、今回はここで引き返さざるを得ない理由がありました。台風19号により、がけ崩れが発生したため、ヤビツ峠から「裏ヤビツ」を通って「宮ケ瀬」方面が通行止めでした。

DSC03722.jpg

ここの標高は761m。1,000m にも満たないですが、路肩には積雪の名残が見られました。ちょっと前は雪が積もっていたのでしょうか。

DSC03740.jpg

今回は上ってきた道をそのまま引き返します。帰りは下りなので楽ですが、オーバースピードにならないように安全運転で下りました。その帰りの途中で「菜の花台」に寄り、持って行ったマクドナルドのハンバーガーを食べて、簡単な昼食としました。

DSC03754.jpg

DSC03746.jpg

きれいな紅葉と眼下に広がる平塚の景色が見られました。

DSC03774.jpg

DSC03788.jpg

DSC03765.jpg

DSC03752.jpg

ここにきている人は、クルマ:バイク:自転車 の比率で 7:2:1 という感じでした。大半の方々はクルマで来ていましたね。外国人観光客もちらほら見られました。天気に恵まれ、ここを訪れたほぼすべての方々が「きれいだねー」などと言って、写真を撮ったり、展望台に昇ったりして、楽しそうな様子でした。

DSC03793.jpg

【帰り】

それから下り坂を降りてきて、秦野駅の近くまで下りてきた時刻が午後3時前。家まではそこから約52km なので、順調にいけば約2時間半で帰れます。それほど疲れていなかったので、帰りは輪行せず、走行して帰りました。

特にアクシデントもなく、新しく作ったカーボン・ロードバイクで念願のロング・ライドをこなせたので、良い一日となりました。



【関連ページ】
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その7 アクセサリー・試乗編)
【週末散歩】 初!ヤビツ峠
ヤビツ峠をリア32Tで再び走破。帰りに紅葉を堪能。
SHOEI Z-7 に「聴くだけブルートゥース2」を装着する

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/798-5c174b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top