PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

姫高麗芝の冬ごもり準備

2019.11.03/Sun/10:19:22

DSC03024.jpg11月になり、これからは芝生が休眠期に入ります。その休眠期前の最後の手入れを行いました。
【芝の手入れ】

高麗芝は「暖地芝」の一種で、冬季は休眠期に入るため、地上の葉の成長が止まり、色も緑から茶色に変色します。その休眠期は11月~2月。

我が家の坪庭に貼ってある芝生も高麗芝(姫高麗)。11月初頭になったので、雑草取り以外の最後のお手入れを行いました。そのお手入れとはおよそ下記。
  • サッチ取り
  • 芝刈り
  • 施肥

【サッチ取り】

まず、芝生の根元に堆積しているサッチ(切り取られた芝生のくず)を取ります。使用するツールは定番「金象印 ホームレーキ」。この作業を行う理由はサッチを取ること以外に、寝ている芝生を起こして、効果的な芝刈りができるようにする意義もあります。

DSC03022.jpg

【芝刈り】

10月上旬に芝刈りを行っているので、およそ3週間、芝刈りの間隔が空いています。

DSC03015.jpg

冬の休眠期の前に、どのくらいの長さの芝を残すのかについては諸説ありますが、私は今回 25mm とします。日当たりの良いゾーンの芝は、5cm 程度の長さになっているので、休眠期の前の最後の芝刈りが必要です。

DSC03018.jpg

対象となる面積は、我が家の場合は高々8㎡。そのため、芝刈りに使うのは電動バリカンです。最近替刃を交換したので、切れ味は抜群です。

DSC03024.jpg

このハンディー・レーキも使います。

DSC03020.jpg

これで、刈る部分の芝目を整えつつ、芝刈りをしてゆきます。

DSC03021.jpg

大した面積ではないので、約20分で芝刈り完了です。

DSC03023.jpg

芝刈り後、地面の凹みが目立つ部分には、目土入れを施しておきました。

DSC03026.jpg

【施肥】

ここも、諸説あるのですが、休眠期に備えて、肥料をやります。これは、現状見えている芝生のためではなく、春に芽吹いてくる新しい芝生のため、土壌にあらかじめ養分を与えておくという考えによります。窒素、リン酸、カリウムがバランスよく含まれている標準的な芝生用の肥料でOK。しかし、春の土壌の改善のためであるため、液肥は避けます。雨で容易に流れ出てしまうからです。

DSC03027.jpg

満遍なく肥料を撒いた後は、肥料焼けを防ぎ、養分を土に拡散させるため、水やりを行います。

DSC03030.jpg

【完了】

これで、我が家の姫高麗芝の冬ごもりの支度は完了。これからは春まで芝刈りや水やり、施肥は一切不要。また来年の春に、緑の美しい姿を見せてくれること祈りつつ、雑草を抜くことだけがお手入れ作業となります。

DSC03034.jpg



【関連ページ】
日陰に強い姫高麗芝に庭の芝生を張り替える
リョービ園芸用バリカンの替刃交換

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
カテゴリ: DIY・便利グッズ
タグ: 暖地芝  お手入れ 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/794-fcea0ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top