PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

青色のカーボンリム用ブレーキシュー(LifeLine)を新規購入

2019.03.08/Fri/17:26:57

IMGP5373.jpg中華カーボンホイールに付いてきたカーボンリム用ブレーキシューが、どうにも停まらないので、「Swiss Stop 並みに効く」と評判の「LifeLine Performance カーボンロードブレーキシュー」を購入・装着しました。
【カーボンリム用ブレーキについて】

一般に、アルミリム用のブレーキシューをカーボンリムに用いてはいけません。その最大の理由は「効かないから」です。樹脂で固められたカーボンリムの表面と切削されたアルミの表面とでは摩擦係数が違い、アルミリム用に設計されたブレーキシューではストッピングパワーが低くなってしまいます。

また、「リムを傷める」という理由もあるようです。アルミリムに比べ、カーボンリムは高温に対する耐久性が低いです。よくある失敗談として、「長い急坂をブレーキをかけながら下ってきた結果、カーボンリムが焼けて、変形・変質が起こってしまった」、などを聞きます。

また、アルミリムとカーボンリムを同じ自転車で取り換えながら使っている場合、ホイールを取り換えた段階で、面倒でもブレーキシューを取り換える必要があります。アルミリムのホイールで使っていたブレーキシューには、アルミの小片が刺さっていることがあり、そのままカーボンリムホイールを装着すると、ブレーキング時にブレーキ面を損傷する可能性があるからです。

【ICAN カーボンホイールと付属ブレーキシュー】

自作した私の2台目のロードバイクには ICAN という中国製カーボンホイールを取り付けました。

IMGP4959_2018090115130057c.jpg

そのホイールには、おまけとしてカーボンホイール用と称するブレーキーシューが前後セット分付いていました。

IMGP5230.jpg
(ICAN ブランドの添付ブレーキシュー)

IMGP5239.jpg
(SHIMANO R55C3互換。Champion Braking Power の刻印)

IMGP5241.jpg
(カーボンリムに適していると明記)

ところが、実際走ってみると、このブレーキシューでは握っても握っても止まらず、ひやひやものでした。「カーボンリムのブレーキの利き具合はこんなものなのかな」と思いつつ、日に日にフラストレーションが溜まって行きました。

【LifeLine Performance カーボンロードブレーキシュー】

いろいろとネットの知識と情報を吸い上げてみると、カーボンリムは摩擦係数が低いため、専用設計で優れたブレーキシューを装着しないと、満足なブレーキフィーリングが得られないとのことでした。そこで、「優れたブレーキシュー」とは何なのか、その模範解答はこれでした。


SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO BLACK PRINCE カーボンリム用 ブレーキシュー

このブレーキシューの評判は高く、お金に糸目をつけなければ、これが最も良さそうです。しかし、1セット(4個)で5,000円弱。高々(失礼)消耗品のブレーキシューにこれだけ出すのはちょっと、と感じました。そこで、ブランドにはこだわらず、評価の上々なものを探すと、今回購入の「LifeLine Performance カーボンロードブレーキシュー」が見つかり、購入しました。

IMGP5373.jpg

【交換】

R7000系 105 のブレーキに装着していたカーボンホイール付属のブレーキシューを取り外し、今回購入したブルーのブレーキシューに取り替えます。R55C3 互換カートリッジタイプなので、取替は極めて簡単。舟に付いている固定用ねじを緩めてシューを取り換え、ねじを締めなおせばOK。シューの摩耗が進んでいたら、アジャスター調整も必要です。

IMGP5375.jpg

【感想】

シューを取り換えて、早速走ってみました。感想は、「取り換えてよかった!」。105(R5800)のブレーキキャリパーが付いている、アルミリムのホイールのもう一つのロードバイク並みにブレーキが利くようになりました。ハードブレーキング時には多少「ピィー」という甲高い音がなります(特にフロント)が、それ以外は問題なく、安心して坂道を下り、出したい速度で走行できるようになりました。

早速よみうりランドに向かうヒルクライムコースを走り、標高差 70m の道をかなりの速度で下ってみましたが、的確にスピードコントロールができたので、不安感はありませんでした。

P_20181209_145132_EFF.jpg
(よみうりランドがある小高い丘からの眺め)



【関連ページ】
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その6 完成編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その4 ホイール装着編)
SLR-EV に変わった新型105(BR-5800) 購入編
SLR-EV に変わった新型105(BR-5800) シューのみ導入編
SLR-EV に変わった新型105(BR-5800) 導入編

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
関連記事
tb: 0 |  cm: 1
go page top

 

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #
2019/03/11 21:49 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→https://ace.reviewmagic.jp/tb.php/777-c1a09bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top