PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

下北沢駅地下化と事前見学会

2013.03.24/Sun/21:33:15

IMGP0807.jpg小田急線下北沢駅が2013年3月23日(土)に地下化されましたが、それに先立って3/16(土)に「下北沢地下駅見学会」が開催されました。その見学会に参加してきましたので、その時の模様を紹介します。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
タグ: 小田急線 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

さくら満開

2013.03.23/Sat/20:30:35

本日は、砧公園に行きました。

IMGP0965.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 なぜ人間の子供はかわいいのか

2012.06.17/Sun/23:42:55

IMG_1022.jpgかねてより書こうと思っていた文章なのですが、人間の赤ちゃんや子供が殊更かわいいのは、純然たる理由があるのではないかという話です。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
タグ: 人間  成長  武器 
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

【週末散歩】 首都高湾岸線からの景色

2012.06.11/Mon/00:07:06

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

【絶品の雲】

本日は首都高湾岸線を昼過ぎに走りました。

IMG_9155.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
タグ: 夏の雲 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 スーパームーン

2012.05.06/Sun/18:31:10

本日は、竜巻が猛威をふるったり、雹(ひょう)が降ったりで、大変な一日でした。

20120506-01.jpg

もしかすると、昨日の「スーパームーン」に関係しているのでしょうか...。

IMGP3309.jpg

supermoon20120505.png
カテゴリ: 週末散歩
タグ: super  moon  2012 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 花見

2012.04.08/Sun/22:08:30

IMG_8937.jpg近くに「仙川」というローカル河川があります。そこに、知る人ぞ知る花見のスポットがあります。花見といっても花を見ながら飲み食いをするというより、純粋に花の美しさを「愛でる」というスポットです。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 そろそろ桜が咲き始め

2012.03.25/Sun/21:19:31

本日は、天気が良かったので、湾岸の「葛西臨海公園」に行ってきました。東京湾に面した公園で、大きな観覧車があるので有名です。

IMGP3184.jpg

観覧車の乗り場には行列ができていました。一時「キツネの嫁入り」(天気雨)もありましたが、日差しいっぱいの観覧車日和だったと思います。

そうそう、桜も咲き始めていました。そろそろ桜のシーズンですね。1年、早いものです。

IMGP3166.jpg
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 イオンレイクタウンに行って来た

2012.03.18/Sun/17:30:40

【イオンレイクタウン】

この週末に、埼玉県越谷市にある「イオンレイクタウン」という超巨大ショッピングセンターに行ってきました。ここは、2008年10月2日にグランド・オープンした国内最大級のショッピングセンターです。

IMGP3138.jpg
(イオンレイクタウン内の様子)
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
タグ: スバル  BRZ 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 ヒト一人のデータ容量は?

2012.01.09/Mon/09:38:01

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

【ヒト一人のデータ容量】

ヒトのDNAは約32億個の塩基対で構成されているとされ、それに配置される塩基の種類は A, T, G, C の4種類。4は2ビットで表されるので、32億×2 = 3.2G x 2 = 6.4Gビット の情報をもっていることになります。それをバイト換算すると1バイトは8ビットなので、6.4/8 = 0.8GB = 800MB。およそ CD-ROM 1枚分に人間の遺伝子情報が格納できてしまう換算になります。

ただ、人間の遺伝子情報は一人の人間のすべてを表すのではなく、人生経験などの後天的要素と合わさって一人の人間は形作られるものです。

先天的情報だけではなく、人間の活動自体に目を向けると、2011/1/9の朝日新聞の朝刊に以下のような記事が載っていました。

マイクロソフト研究所の一室で対面したゴードン・ベル主席研究員は、首からデジタルカメラを提げていた。(中略)。ベルさんは1998年~07年、マイクロソフトでライフログ研究を指揮した。自ら被験者となり、写真や書籍、メールからの思いでの品まで、あらゆるものを記録する「完全記憶」の可能性を追求。多くの特許を取得し、後続のIT企業に大きな影響を与えた。

ベルさんによれば、人生の全体験を記録するのに必要な記憶容量は1~10テラバイト。数万円程度のハードディスクに収まってしまう。「2020年には、誰もがもっと手軽にライフログをできるようになるでしょう。自分の死後、記録を元に作ったデジタルな分身と子孫が対話するようなことも、技術的に可能になりつつある」

(朝日新聞 2012.1.9 朝刊より)

とまあ、10テラバイトのディスクがあれば、一人の人間の活動がすべて入ってしまうとのこと。なんか恐ろしい余の中になったものです。

たしかに、Twitter や facebook のタイムラインなど、自身の行動をデジタル化して残しておける環境も最近充実してきました。

【人間の複製】

人間の過去の記憶がハードディスク1つ程度に収まるとして、それだけで、その人間自体を人工的に再現できるのでしょうか?私は「No」だと思います。人間を、その人間性まで含めて再現するには、過去の記憶以外に、その人がどのような性格を持っていて、どのように考え、反応するのか、その部分まで再現しなければならないからです。これはハードルが高いと思います。

しかし、もしかすると近いうちに、科学は、その領域まで達成可能にするのかもしれません。例えば、大変優秀な人材を、その人材の死後も活用できるよう、その人を電子的に複製するようなことがありえないとは言い切れません。

このようなことを考えてゆくと、クローン人間の作製が倫理的に問題にされているように、電子的な人間の複製についても、その高度化が進んだ段階で、いつか倫理的な問題となるような気がしています。

私個人としては人間一人の存在が永久に残るのは望ましいことではなく、少なくとも自分に関しては気が進まないと感じています。

【参考ページ】
データ量の比較(wikipedia)


ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)
(2010/01)
ゴードン ベル、ジム ゲメル 他

商品詳細を見る


-----
最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

きれいな夕焼けでした

2011.12.18/Sun/23:52:32

本日、調布のとあるお店に買い物に行って、屋上の駐車場にクルマを停めたのですが、そこから見た夕焼けと富士山が非常にきれいでした。

mtfuji20111218.jpg

カメラを持っていなかったので、手持ちの携帯電話で写真を撮りました。今週前半は良い天気が続きそうです。
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 皆既月食

2011.12.12/Mon/00:42:41

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

今回は、皆既月食を見たという話題です。

IMG_8120.jpg

撮影データ
項目データ
日時2011.12.10 23:07
カメラCanon IXY DIGITAL 800 IS
撮影モードマニュアル
ホワイトバランスマニュアル
露出1 sec (F/5.5)
露出補正-2
オリジナルサイズUXGA (2816x2112)
画質Fine

-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
タグ: 月食 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 錦糸町から見た東京スカイツリー(その3)

2011.11.27/Sun/22:30:02

【外観は完成したスカイツリー】

昨日、あたらめて錦糸町に行ってみたのですが、かつてあったクレーンは完全に撤去され、外観はすべて整った状態でした。

IMG_8047.jpg

夕方近くになってからの写真だったので、あまり鮮明には写らず、そのかわり年末を迎えるイルミネーションが写真の彩りを添えてくれました。

IMG_8056.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

そろそろハロウィーン

2011.10.23/Sun/18:12:42

今日は、渋谷に行ってきました。昨日が雨だったせいか、本日はかなり賑わっていました。

IMG_7918.jpg

マークシティーという駅ビルの通路には、このようなハロウィーンのディスプレイが...。

IMG_7917.jpg

月末はハロウィーンですね。ハロウィーン、クリスマスといよいよ年の瀬も近づいてきました。
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 錦糸町から見た東京スカイツリー(その2)

2011.10.09/Sun/22:17:38

本日、錦糸町に行って来たのですが、天気が良くてスカイツリーが良く見えました。

IMG_7858.jpg

この写真を撮ったのは「アルカキット」という大型ショッピングセンタービルの屋上です。ガラス越しになってしまいますが、ここからの眺めは格別です。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 ちょっと感動したこと

2011.10.08/Sat/20:29:13

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

IMG_7832.jpg

今回は「ちょっと感動したこと」です。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 日本科学未来館に行ってきました

2011.08.20/Sat/23:26:52

先日、「日本科学未来館」に行ってきました。

科学好きの私とって、ここはお気に入りの場所で、過去何回か行っているのですが、前に行ったのは半年以上前でした。震災による天井落下の影響で一時休業していたこともあり、ひさびさに来た感があります。

IMG_7500.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 なぜ嘘をついてはいけないのか

2011.08.07/Sun/10:40:13

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

IMG_7357.jpg

本日は、「なぜ嘘をついてはいけないのか」についての話題。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

【週末散歩】 錦糸町から見た東京スカイツリー

2011.07.18/Mon/18:19:31

3連休のなか日、7/17(日)、錦糸町に買い物に行きました。そこからは全貌を現した東京スカイツリーが見えました。

IMG_7326.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

4月1日 社会人1年生に贈る伊集院静のメッセージ

2011.04.07/Thu/11:59:42

【サントリーの広告】

毎年4月1日、大多数の学生が社会に旅立つ日。例年、この日に全国紙にサントリーのスポンサーシップで伊集院静の新社会人に向けたメッセージが寄稿されます。以前、このメッセージは「山口 瞳氏」が執筆していましたが、1995年に急逝されたため、その後伊集院静氏にバトンタッチされています。私としては伊集院氏のタッチの方が少々語気が強く、そのせいか自分へのカンフル剤ともなり、気に入っています。

今年の4月1日は、3月11日の大震災で日本が傷だらけになった直後。どんなメッセージが届くのか気になっていました。
-- 本文を読む
カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

「天声人語」(朝日新聞コラム)3月19日

2011.03.21/Mon/21:48:26

3月19日(土曜日)、朝日新聞朝刊のコラム「天声人語」に印象深い文章が綴られていました。以下、冒頭の部分を引用します。

 エミリー・ディキンソンという米国の女性詩人を知る人は少ないかもしれない。19世紀にボストンに近い町で静謐な生涯を送った人で、自然の中で書いた数々の短詩を遺した。
 次のような無題の詩がある。失意の胸へは/だれも踏み入ってはならない/自身が悩み苦しんだという/よほどの特権を持たずしては──(中島完 訳)。これが全文で、新聞記者という仕事柄、胸に深く畳んできた。そして今、未曾有の失意と悲痛に満ちる被災地から、小紙の、あるいは他社の報道が続く。
 だれもが苦渋の取材だろう。先の小紙で、阪神大震災を体験した精神科医の中井久夫さんが、被災者には「『わかってたまるか』という気持ちもある」と言っていた。伝える指名と、悲痛な胸に踏み入る躊躇。きびしい葛藤をくぐってきた文であり、写真、映像である。

(朝日新聞2011/3/19朝刊 天声人語より)

3/11 に発生した東日本大震災、幸いにも私自身は直接的な被害はなく、被災者ではありません。被災者の方々の本当の心の痛みはわかりません。今回の大災害は私とっては大きな事件であったため、ブログで関連することを取り上げるかもしれませんが、上記の短詩を胸に刻みつけて、あくまでも部外者の立場であるということをわきまえて記述したいと思います。

東京でできるささやかなこととして、私は以下のことを今日まで励行しています。

  • 使っていない電気機器のコンセントを抜いたり、不要な照明を消したりして節電しています
  • クルマに乗らず、ガソリンも給油していません
  • 買い物に行っても、決して必要以上のものは買っていません
  • 電車の混雑を防止し、乗りたい人が少しでも快適に乗っていただけるよう、自転車で通勤しています


-----
最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。
被災している地区へ速やかな支援が届きますよう願っています。


カテゴリ: 週末散歩
tb: 0 |  cm: 0
go page top