PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

LED電球時代到来!

2009.10.12/Mon/20:47:03

IMG_3319.jpgCO2排出削減、省エネの切り札と言われているLED電球。東芝が高性能低価格品を発売したことで照明のLED化が現実味を帯びてきました。

このLED電球の実感、コスト計算などを行ってみたいと思います。
【LED電球】

LEDは比較的古い発光素子ですが、LEDの青ができたのは最近です。赤と緑は古くからあり、青色LEDは青いバラと並び、研究者の夢とまで言われていました。

青いLEDは日亜化学工業及び中村修二さんが2001年に開発に成功しました(ちなみに青いバラはサントリーが2004年に発表)。青色のLEDができたと言うことは光の三原色がLEDで実現したと言うことで大きな意味を持ちます。赤・緑・青の三原色があれば、その光を混合することで任意の色を作り出すことができます。

そのため最近では白色のLEDも多く利用され、今回は東芝が高効率高照度の電球色LEDによる白熱灯型LED電球を発売したという経緯です。

先に訪問した国立科学博物館で東芝が自社のLED電球をアピールする展示を行っていたので、そのときに撮った写真を使いながら、LED電球の現実性について述べてみたいと思います。

【実際見た感じ】

下の写真は60W相当の電球を並べて点灯したものです。左から「白熱灯」、「電球型蛍光灯」、「LED電球」です。消費電力はそれぞれ 54W, 12W, 6.9W。見た感じ、色味はほとんど同じ。明るさはLED電球が前方だけ照らすようになっているため、ソケット側が少々暗いかなという程度でした。ただ、LED電球の先入観を打ち破るほど明るく光っていました。

LED_lamp1.jpg
(左から白熱灯、電球型蛍光灯、LED電球)

これなら特に問題なく白熱灯の代わりになると感じました。

【性能】

LED電球の大きな特長は消費電力の低さと寿命の長さです。その代わり、電球自体の価格が高めになっています。

白熱灯 電球型蛍光灯 LED電球
消費電力 54W 12W 6.9W
寿命(時間) 1,000 6,000 40,000
明るさ 810ルーメン 810ルーメン 565ルーメン
実売価格 50円 680円 3,500円


メーカーのパネルの説明です。LED電球は41,400円お得と書いてありますが...。

IMG_3320.jpg

そこで、コストシミュレーションをしてみました。

表1.設定項目
電気料金 0.022円/Wh
1日あたり点灯時間 10時間
白熱灯寿命 1,000時間
電球型蛍光灯寿命 6,000時間
LED電球寿命 40,000時間
白熱灯売価 50円
電球型蛍光灯売価 680円
LED電球売価 3,500円


表2.利用月数別発生費用
利用月数 電球代+電気代(円) 想定点灯時間
LED電球 電球型蛍光灯 白熱灯
13,546761412305
23,593841775610
33,6399221,137915
43,6851,0021,5491,220
53,7311,0831,9121,525
63,7781,1632,2741,830
73,8241,2442,6862,135
83,8701,3243,0492,440
93,9171,4053,4112,745
103,9631,4853,8233,050
114,0091,5664,1863,355
124,0561,6464,5483,660
244,6113,2929,0967,320
425,4455,42215,86812,810
435,4915,50216,28113,115
445,5375,58316,64313,420
1319,56515,30849,46739,955
13213,11115,38949,87940,260


表を考察してみましょう。

  • 2ヶ月程度使うだけならば白熱灯が最も安い
  • 3ヶ月以上使うのであれば、電球型蛍光灯が安い
  • 電球型蛍光灯の価格下落により、42ヶ月(3年8ヶ月)までは、LED電球よりも電球型蛍光灯の方が安い
  • 43ヶ月以上使うのであればトータルコストはLED電球の方が安くなる
  • LED電球の寿命いっぱい(40,000時間)使った場合は、白熱灯と比べるとメーカーの主張している通り、約40,000円のコストの差になる。しかし、電球型蛍光灯と比べると6,000円程度の差しかない


一日10時間点灯すると想定すると、約10年間LEDは取り替えを行わずにすみます。その際のコストセーブが白熱灯と比べると約40,000円ということです。

この試算は電気料金や今後のLED電球の売価の変化で変わりますので、10年のスパンで損得を考えても判断に誤解が生じるような気がします。3年程度のスパンで最もお得であれば説得力も高くなるのではないでしょうか?

また、地球温暖化の元凶とされるCO2の削減と言う見地に立てば、LED電球の利用価値はずっと高まると考えます。

-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。
関連記事
カテゴリ: 家電・時計
タグ: 省エネ  エコ 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/96-3fae4057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top