PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

PND のさきがけ Panasonic HS400D (車載編)

2009.07.18/Sat/12:33:43

Panasonic 7V型HDDカーナビステーション CN-HS400D約5年前にクルマを買った際、カーナビの選定に非常に悩みました。当時のメーカー純正のカーナビは値段が高い割りに、それほど性能や機能が熟成していなくてメーカーオプションのカーナビは候補から早々に外れました。レスポンスと基本性能が高い HDD カーナビを手ごろな価格で、と探していたところ、「これしかない」というように Panasonic CN-HS400D を購入しました。

驚くべきことに、5年以上前に買ったそのカーナビが、まだカタログ落ちしていないのです。そのロングセラー商品について、使用感をまとめてみます。

今回は3部作(外観編、持出編、車載編)のうちの第3部(最終回)です。
カーナビのロングセラー、HS400Dの紹介は今回で最終となります。今回は本来の居場所である車載状態での紹介をしたいと思います。

運転席側から見たカーナビ搭載の様子です。カバーをつけた状態は割と目立たず、すっきりしています。左上部の窓ガラス下に見える小さな小箱は VICS 用の光ビーコン送受信機です(渋滞情報などを受信するもの)。
IMG_2522.jpg

カバーを取った状態です。取り外し式のカーナビにしては、いい位置に設置できたと思います。ダッシュボードの上に突き出て視界をさえぎるようにはなっていません。どのように設置しているかというと...。
IMG_2520.jpg

こんな感じでセンタコンソール上部の小物入れのふたを外し、そこにカーナビスタンドを設置しています。ここは本来純正のビルトインカーナビのモニターが入る部分で、そこそこ奥行きもあるためうまく設置できました。
IMG_2515.jpg
一本太目のケーブルが出ていますが、このケーブルを本体に接続すると、それ一本で下記の接続をまとめて面倒見てくれます。
  • 電源
  • GPS受信機からの信号
  • VICSビーコン
  • 車速パルス
  • サイドブレーキ状態センサー
  • FM VICS, テレビ受信用アンテナ
  • 後方確認用カメラ
  • AV入力
  • リバースギア検知センサー
簡易型 PND と決定的に違うところは、このカーナビはこの接続ケーブルによってクルマの各部に接続され、据え置き型カーナビと同等の機能を持つところです。

さて、電源を入れてみましょう。今日のお姉さんは夏らしく「タンクトップ」です。(^^)
IMG_2523.jpg

走行しながらの撮影は危険なので、止まっていても見ることができて、車載状態でしか見れない機能を中心に紹介します。まずは、メインメニューの「システム情報」タブメニュー。これを押すと...。
IMG_2524.jpg

こんなシステムメニューが現れます。
IMG_2525.jpg

「車両信号情報」を見てみます。GPS 情報から逆算された速度やバッテリー電圧、各種センサーからの情報、本体の信号学習状況などが表示されます。
IMG_2526.jpg

これは、ハードディスク情報です。このカーナビに搭載されている HDD の容量は 20GB。ユーザーエリアが 13GB なので、システム(地図データ、プログラム等)で約 7GB を利用していることになります。地図データを過去2回更新していますが、以前はこの画面にハードディスクのシリアル番号が出ていたような気がしますが、表示されないようになってしまったようです。
IMG_2527.jpg

この画面は GPS 衛星受信状況です。同時に4個以上の衛星を受信できると、自車の位置を正確に測定できるとされていますが、写真を見ると7個の衛星が捕捉できています(黄色が捕捉できた衛星、グレーはそこにあるはずだが電波を捕捉できない衛星)。日本では通常6個~10個の衛星が捕捉可能ということなので、良好な状態です。写真の中央部に小さな赤い矢印があります。ちょっと見づらいですがその矢印は下(南)を向いていて、その向きがクルマの前部の向きを表しています。中央付近は天上付近を表し、地球のへり付近は地平線付近を表します。写真を見ると、左下に見える 21 番衛星は、南西の地平線付近の衛星を捉えたということを意味しています。
IMG_2528.jpg

次は後方確認用のバックカメラの設定画面です。取り付け車種に応じて、仮想的な車幅延長線を設定できるようになっています。
IMG_2529.jpg

「地デジ」ではないですが、一応テレビも付いています。ただ、あまりテレビは利用しません。電波の乱れが激しいし、何より走行中に見るのは危ない。あまり見ませんので仮にアナログ放送が終了しても、そのために買い換えるということはしないと思います。
IMG_2536.jpg

このカーナビは「AVモニター」としての機能も持っていまして、渋滞対策としてポータブルDVDプレーヤーをつなげられるようにしています。音声出力は通常、クルマのオーディオに接続してるのですが、その音声接続ケーブルとビデオ入力を後ろの座席に一旦回しこんでいます。そのため、後ろの座席にDVDプレーヤーを接続すると、車の前後で映画が見られるという工夫をしています。
IMG_2537.jpg

次は VICS 機能について紹介します。VICS の詳細については公式ホームページを見るとよいと思いますが、このカーナビは「光ビーコン」、「FM」、「電波ビーコン」の3種の VICS に対応しています。この写真は駐車場で撮ったので光ビーコンからの情報は受信できませんでした。FM VICS からの情報は入ってきています。
IMG_2530.jpg

受信できた FM VICS の情報の例1(渋滞情報)。
IMG_2531.jpg

受信できた FM VICS の情報の例2(気象情報)。
IMG_2532.jpg

受信できた FM VICS の情報の例3(規制情報)。
IMG_2533.jpg

最後に、「FM文字放送」というメニューがありますが...。ワンセグにその役割をバトンタッチということで、2007年3月末で終了になりました
IMG_2534.jpg

従いまして、この機能は現在無意味になっています。
IMG_2535.jpg

さて、延々と書いてきましたが、いかがだったでしょうか。Panasonic のカーナビは有償ですが地図の更新サービスもやってくれるため、5年も使っていますが、これといった不満はありません。当分使い続けることと思います。

【関連記事】


-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。


関連記事
カテゴリ: クルマ・バイク
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

FM文字放送

FM文字放送はNHKが2007年にやめたってだけでTOKYO FM(JFN)系が今年春まで放送してましたよ。
URL | nyu #-
2014/08/31 00:11 * 編集 *

コメントありがとうございました。

nyuさま

コメントありがとうございました。そうだったんですね。文字放送はかなり前に絶滅したと思い込んでいました。
URL | 館長 #-
2014/08/31 23:39 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/9-f5e718ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top