PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その1 フレーム編)

2018.08.20/Mon/01:28:04

IMGP4997.jpg
フルカーボンロードバイクを自作しようと思い立ち、手ごろな価格で納得のゆく品質のパーツを購入して行きました。今回はロードバイクの骨格となる「フレーム」と「フロントフォーク」の回です。
【カーボンロードバイクについて】

今まで、アルミ製のエントリーロードバイクしか乗ったことがない私にとって、カーボンロードバイクはあこがれであり、高嶺の花でした。カーボン製のバイクはアルミ製のバイクと比べて、乗り心地や軽量性に優れ、価格以外のデメリットはないと言って良いほどです。それでも巷ではアルミや鉄製の自転車が多いのは、ひとえにそのコストの高さによります。

今でこそカーボンフレームの完成品ブランドのロードバイクが10万円台で買えるようになりました。しかし、10万円台のカーボンフレームバイクは、在庫処分品だったり、搭載パーツのグレードが低かったりなど、何かしらの妥協点が存在します。完成品ブランドの納得のゆく仕様のバイクはおよそ30万円台は覚悟しなければなりません。

ところが、最近は良質なカーボンフレームとカーボンホイールがかなり低価格で入手できるようになりました。その生産国は中国だったりするわけですが、各種情報や評価を集めてみると、中華カーボン侮りがたしということがわかりました。聞くところによると、有名ブランドのカーボンフレームも、実は中国企業に生産委託しているケースもままある状況です。

そのような中国の生産会社の中には、有名メーカーのカーボンフレームの生産をしながらノウハウや技術を蓄積し、フレームを自ら設計してオリジナルブランドで自社販売するような企業も出てきています。そのような会社では、自社ブランド、またはノーブランドのカーボンフレームやカーボンホイールを5万円前後もの低価格で販売していますが、その品質は有名ブランドにも勝るとも劣らないものも出てきていて、中華ブランドのフレームを使った自作ロードバイクに乗って、ヒルクライム・レースで優勝した方もいると聞きます。

私は、今回憧れのカーボンロードバイクを自作して保有することを決心しましたが、その背景はこのような質実剛健なパーツを安価に提供する中国企業がでてきたから。確かに完成車メーカーの有名ブランドはあきらめなくてはなりません。しかし、私は「納得のゆくカーボンバイクに乗りたい」のであって、「高級ブランドに乗りたい」のではありません。予算あれば「名と実」が得られるのですが、今回は中国企業が供給するカーボンフレームを使い、「実を取るために」自作する道を選びました。

【ICAN について】

それら自社ブランドを打ち出している中国系企業の中で、今回私がフレーム購入先として選んだのが「ICAN」です。この企業は中国深圳にあり、2009年の設立から9年間の歴史があります。また、見る限り、自社ブランドをつけて販売しているフレームはすべて自社設計であり、有名ブランド向け製品を塗装やロゴなしで販売しているような不誠実な会社ではありません。Amazon で購入可能。補償と配送追跡可能な国際EMS郵便で発送され、1週間程度で購入できます。評判も上々なので、この会社のフレームを購入することに決めました。

私が選んだのは「ICAN 2017-AC18」というエアロロードフレームです。

IMGP4906.jpg

このフレームを選んだのは、
  • 東レT700カーボン利用で軽くて強靭なこと
  • きれいにクリア塗装されていて、自分の好みのデザインであること
  • BB(ボトムブラケット)がBSAタイプであること
  • 相当に安価(5万円強)であること
なかでもBBがBSAタイプであることは重要で、自分としてはプレスフィットタイプはどうも「使い捨て」感が強く、BSAタイプを望んでいました。

【各部の様子】

それでは、各部の状況を見ていきましょう。全体シルエットはゆるやかなスローピングタイプ。エアロタイプですが、トップチューブからシートステーが連続していて、どちらかというとオーソドックスなデザインです。私は気に入っています。

IMGP4971_20180819224746c98.jpg

次にボトムブラケット。アルミ製で、きれいにカーボンフレームに埋め込まれています。

IMGP4973.jpg

きちんとフェイシング処理されています。BSAのBBパーツを取り付けるためには大事なことです。

IMGP4974.jpg

ケーブルルートはフレーム内装方式。ケーブルガイドも通しておいてくれています。

IMGP4972.jpg

ブレーキケーブル(リア用)はフルコンシールドタイプですが、シフト系はちょっと珍しい設計。BB下で折り返したケーブルのうち、リアディレイラーへ向かうケーブルは、そのまま外に出て、チェーンステー下に沿う構造となっています。

IMGP4981.jpg

フロントディレイラーに向かうケーブルは、BB下で折り返し、フレーム内を通過、この小さな穴から出てきます。

IMGP4978.jpg

フロントディレイラーの台座は直付け。このフレームは SHIMANO Di2 シリーズ(電動変速機)対応です。台座の下にあるグロメットは Di2 配線のためのケーブルホールをふさいでいるものです。

IMGP4976.jpg

リアディレイラー付近にも Di2 配線用の穴があります(写真ではグロメットを取っています)。Di2 の配線がきれいに内装でき、シートピラーも丸形であるためバッテリーも内蔵可能。これは「コンポを Di2 にすると良いですよ!」という魔の誘いかもしれません。しかし、今はやめておきます。この種のロードバイクのアップグレードは、細かくつまみ食いするからこそ向上感を長く楽しめるもの。最初からミシュラン三ツ星レストランに行ってしまったら、そのあとが楽しめませんから…。

IMGP4983.jpg

シートチューブは内径31.6mm、外径34.9mm。円形の標準タイプです。アクセサリーをシートピラーに取り付けたり、シートピラーやクランプに汎用品を使えるメリットがあります。

IMGP4980_20180819224755a94.jpg

本製品はフレームとフロントフォークのセットですが、ヘッドパーツも付属しています。ベアリングは上下ともシールドタイプ。カーボンフォークは、ステリングコラムも含めたカーボン一体成型のため、コラム内留め具はスターファングルナットではなく、プレッシャープラグです。

IMGP5002.jpg

ヘッドチューブ上部です。

IMGP4979.jpg

精度も上々で、ベアリングが手で押し込むだけでピタリと入ります。

IMGP5005.jpg

反対側のヘッドチューブ下部。

IMGP4982.jpg

こちらも精度は良く、ベアリングがきっちりと入りました。

IMGP5004.jpg

次にフロントフォークです。塗装は文字や色の上にクリアを施している多層塗装。

IMGP4987_20180819224803153.jpg

コラムまで一体型のフルカーボンフロントフォークです。

IMGP4988_20180819224804feb.jpg

ブレーキはキャリパーブレーキを想定。取付部はカーボン層が特に分厚く、強度が高められています。

IMGP4989_20180819224805f95.jpg

【重量】

各ユニットの重量を計測しておきます。まずはフレームですが、1,015g(実測値)。公称 1,020g(±20g)ということなので問題ありません。

IMGP4986.jpg

フロントフォーク。

IMGP4991_201808192248088d6.jpg

実測値で 330g でした。公称355±15g とのことなので、これは公称スペックよりも優秀です。また、今後「コラムカット」を行いますので、このフォークはさらに軽量になります。

IMGP4990_201808192248071d8.jpg

ヘッドパーツは全体で 125g でした。

IMGP5115.jpg

現状合計で、1,015 + 330 + 125 = 1,470g ですね。まだまだ自転車としては骨組みだけなのですが、完成時点でも何とか 7kg 台前半に抑えたいと目論んでいます。

【ガラスコーティング処理】

塗装済みの新車をフレームからくみ上げるので、このタイミングでフレームにコーティングを施すことにしました。なるべくなら皮膜の耐久性の高いガラスコーティングにしたいのですが、この種のコーティング剤は多くの種類があり、何を買って良いか迷います。いろいろ考えた結果、安くて失敗しにくそうな、エーゼットのアクアシャインコートにしました。

IMGP4995_20180819224913b11.jpg

コーティング処理は「下地処理」が大切。新品のフレームでも油分やワックス類、軽い汚れがついているかもしれません。最初にそれらを洗い流します。石油系のパーツクリーナーをガンガン使うと、塗装を痛めてしまうかもしれないと思ったので、使う洗剤は水性の「エーゼット チェーンデグリーサー」にしました。

IMGP4992.jpg

これを使い、スポンジで丁寧に洗っていきます。

IMGP4993_201808192248128ad.jpg

IMGP4994_20180819224813df3.jpg

あとは水ですすいで下地処理完了。水がフレーム内部に入らないように、水は勢いよくかけず、水をかける位置にも注意しながら洗剤を洗い流します。

次に「アクアシャイン・コート」を塗布し、マイクロファイバークロスで塗り伸ばしていきます。

IMGP4996.jpg

あとは乾いたマイクロファイバークロスで乾拭きして完了。最初の段階から差が出たのかどうかは、見た目はわかりませんが、満足度と撥水性は高まったはずです。

IMGP4997.jpg

【次回作業】

次回は、このフレームとフォークを「組み付ける」作業を行います。ヘッドパーツを使い、フロントフォークをフレームに取り付けるためには、ヘッドパーツ以外に、「ハンドルステム」、「スペーサー」が必要です。さらに、フロントフォークのコラムを適正な長さにカットする作業も必要です。このあたりの作業を紹介したいと思います。

【今回までのパーツ】

バイク本体必須パーツ
パーツ名製品名購入価格重量
フレームセット(ヘッドパーツ込)ICAN 2017-AC1852,870円1,470g
(コラムカット前)
合計52,870円1,470g

メンテ用品(今回新規に購入したもの)
用品製品名購入価格
メンテスタンド【World box】自転車メンテナンススタンド6,980円
自転車用ガラス系コーティング剤AZ BCT-001 アクアシャインコート980円
クリーニングキットAZ 自転車オールメンテナンス5点セット2,329円
マイクロファイバークロスレック 激落ちマイクロファイバー 10枚入534円
吊り下げ計りPhilonext 荷物はかり839円
合計11,662円




【関連ページ】
ICAN サイクリング公式ホームページ
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その0)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その1 フレーム編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その2 コラムカット編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その3 ハンドル・サドル装着編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その4 ホイール装着編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その5 クランク装着編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その6 完成編)
納得の予算で納得のフルカーボンロードバイクを組み立てる(その7 アクセサリー・試乗編)

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


関連記事
タグ: ICAN 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/762-7d4936a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top