PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

【週末散歩】教えることの難しさ

2009.09.13/Sun/20:13:05

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

昨日は中学校の授業参観に行ってきました。下の写真は数学の授業で、先生が板書しているタイミングを見計らって、無音・ノーフラッシュで写させてもらったものです。
JH_visit_dat.jpg

昨日聴講させてもらった授業は、中学一年生の英語と数学。英語は最近は読み書きとリスニング&スピーチと2種類に分かれているようです(私が子供の頃は読み書きが主体でした)。数学は方程式(等式、不等式)の授業でした。授業を聞いていると昔の学生時代の記憶が呼び覚まされて、懐かしい思いに浸っていました。

と同時に思ったのが、子供に勉強を教えるのは難しい、ということ。今でこそ社会人として他人に仕事や自分の知識を伝えたり指導したりすることはあります。しかし40人以上ものレベルの異なる人に対してしっかり知識を教え、各人の満足を勝ち得ることができるのかと自問した時、学校の教諭という
職業はつくづく大変な仕事であると感じました。

何人か先生の授業を聴いているうち思ったことは、「ああしろこうしろ」とか「これはだめだ」と説教がましい先生より、「この理由はこうなんですよ。すごいでしょう!」とか「これは実社会でこんなことにつながっているんですよ」という方向性で、生徒の興味や好奇心を持ち上げるような先生が輝いて見えました。

高校の同級生だった友達は何人か先生になっていますが、子供の指導に悩むだけでなく、文部科学省、学校長、教頭との軋轢にも悩んでいるとメールで書いてきました。教師と言う職業は大変な仕事だと思います。やはり子供が好きで、物事を子供に教えることがやりがいになるという人が教師になるのが理想だと思います。そうでない人が消去法で教師になるとお互い不幸です。

日本の将来を背負って立つ子供たちに、しっかりと物事を教え、物事に興味を持たせることは非常に大事なことで、ぜひとも頑張ってもらいたいと思いました。

-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。

関連記事
カテゴリ: 週末散歩
タグ: 授業参観  教育 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/67-6f545134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top