PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ソロキャンプ用コンパクトテーブルの傑作 「SOTO フィールドホッパー ST-630」

2016.07.24/Sun/00:02:18

IMGP5978.jpgソロキャンプ用折りたたみテーブルとして数々の称賛を浴び続ける孤高の存在、「SOTO フィールドホッパー ST-630」。色々と比較したうえで満を持して購入。先日しまなみ海道のキャンプ場で利用してきました。
【ソロキャンプ用コンパクトテーブル】

調理や加熱をするキャンプでは、アルミなど金属製のテーブルがあると便利です。コンロやバーナーなどは、地面に置くと不安定ですし、樹脂製のテーブルでは表面が溶けてしまいます。とは言っても1~2名のキャンプ、特にツーリングキャンプでは、大きなテーブルを持って行くことはできないため、手ごろな折りたたみコンパクトテーブルを持って行きたいところです。

まず、私が持っているのはこちら。コンパクトテーブルのベストセラーとして知られる、「CAPTAIN STAG アルミロールテーブル(コンパクト)」。

IMGP1466.jpg

これはコンパクトテーブルとしてはかなり大きい方で、長辺が40cmあります。折りたたんだうえで自転車に搭載することを考えると、私の持っているロードバイクの場合はこのようになります。

IMGP3648.jpg

このテーブルを持ってゆくことが可能であれば良いですが、なるべく荷物を減らしたい場合、この大きさのテーブルを持ってゆくのかどうか悩むことになります。そこで、一回り小さいA4版サイズの折りたたみテーブルが欲しくて、選択肢を検討していました。まずはこれ。「snow peak オゼン」です。重量は330g。


snow peak オゼン

最近は、パンチングメタルを天板に利用して軽量化を図った「snow peak オゼン ライト」というものもあるようです。このテーブルの重量は270g。


snow peak オゼン ライト

つぎにこれ。「プロモンテ(PuroMonte) コンパクトテーブル アルミ BHS102」。重量は450g。


プロモンテ(PuroMonte) コンパクトテーブル BHS102

最後に「SOTO フィールドホッパー ST-630」です。重量は395g(カタログ値)。


SOTO フィールドホッパー ST-630

【SOTO フィールドホッパー ST-630 を購入】

プロモンテは、天板の広さが最も狭いのに450gもあり、組み立てが手間で、安定性に難ありというということでまず脱落しました(収納時のコンパクト性はピカイチですが)。残る「オゼン」と「フィールドホッパー」との比較となったのですが、組み立て(設営)の容易さと、そのギミックの考案者に敬意を表して「フィールドホッパー ST-630」を購入しました。

IMGP5779.jpg

収納時は A4 二つ折りサイズです。収納袋付き。

IMGP5781.jpg

IMGP5783.jpg

このフィールドホッパー ST-630 のすごいところは「パカッ」と開けば自動的に脚がポップアップして、テーブルができてしまうことです。

IMGP5785.jpg

テーブルの裏側を見てみると、その脚がポップアップする仕組みを堪能できます。この仕組みを考えた人には最大限の賛辞を贈りたいと思います。

IMGP5794.jpg

重量は実測値で 376g。カタログスペックよりも軽いです。

IMGP5789.jpg

収納袋込みでは399g でした。

IMGP5790.jpg

収納のアクションは、設営時よりひと手間かかりますが、非常に簡単です。まずは、本体を折りたたみます。すると同時に折りたたまれた脚部が本体下部に出てきます。

IMGP5786.jpg

その飛び出た脚部を上にずらし、側面まで持ってきます。

IMGP5787.jpg

最後に、その側面に出ている脚部を内側に押し込めば完了です。

IMGP5788.jpg

この「パカッ」と開いて「パシッ」と閉じる。この簡便さは、現状どこ探しても同種のテーブルではこれだけです。孤高の存在です。この製品を「指名買い」する人が多いのもうなずけます。

【実利用】

先日、「しまなみ海道」に改めて自転車で行ってきました。その際、「見近島架橋公園」に念願のテント泊をしました。

IMGP5964.jpg

ここはキャンプ場としては、自転車とバイク、あるいは徒歩でしか利用できない穴場的キャンプ場です。無料ですが、トイレや水場は整っていて、快適にキャンプを楽しむことできます。

IMGP5970.jpg

このキャンプ場に到着したのは夜暗くなってからでした。到着後、テントと食事の支度。その時にこのテーブルの設営の容易さには助けられました。

IMGP5953.jpg

晩ごはんは豚肉ガーリックステーキと焼き鳥(ねぎまとつくね)。ご飯も炊きます。イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3が大活躍でした。このテーブル(フィールドホッパー)があったので、コンロを安定して置くことができました。

IMGP5956.jpg

運動した後の食事。時間が遅かったためお腹も減っていて、それはそれはおいしかったです。

IMGP5958.jpg

さて、このコンパクトテーブル。テント内でも便利に活用できます。このように枕元に小物や重要物をまとめて乗せておくことができ、テント内が混とんとすることを防ぐことができます。

IMGP5961.jpg

翌朝の朝食は買っておいた調理パンで簡単に済ませました。飲み物はお湯を沸かして熱いコーヒーを作りました。

IMGP5972.jpg

素晴らしい大自然の中でのテント泊、天気にも恵まれ、非常に気持ちの良い、貴重な体験となりました。このコンパクトなテーブル「SOTO フィールドホッパー ST-630」は大いに役立ちました。



【関連ページ】
ソロキャンプにぜひ持っていきたい定番折り畳みアルミテーブル
しまなみ海道準備
しまなみ海道を走ってきました
「ラーツー」定番クッカー「ユニフレーム 山クッカー角型 3」
携帯用コンロの「完成形」。イワタニ「カセットガス ジュニア」CB-JRB-3
しまなみ観光スポット「見近島架橋公園」

-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
タグ: ラーツー  solocamp 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/664-c445a03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top