PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

一本持っているべき極薄ラチェットドライバー

2015.09.20/Sun/22:39:36

IMGP1316.jpg前から持っていて愛用しているツールがあります。「極薄ラチェットドライバー」です。

【ドライバー原則論】

ドライバーは非常に一般的な工具なので、ドライバーを持ってない人は極めてまれだと思います。ただし、「何か持っている」人を含めればの話で、そこそこのドライバーを持っている人は半数ぐらいではないでしょうか。ねじを傷めないようにするには、あまりに安物のドライバーは考え物です。

ねじ山を傷めないようにするには、まずサイズの合ったドライバーを使うことが前提ですが、さらにドライバーの精度が高いことも大事です。自転車やクルマなど、大事なものを整備するために使うドライバーは、100円ショップで買える「組みドライバー」などは使わずに、下の写真のような「ちゃんとした」ドライバーを使うべきです。

IMGP1326.jpg

【狭い場所のねじを回すドライバー】

通常は上記のようなドライバーを使うにしても、下記のような場合にはどうしても普通のドライバーが使えません。

20150920-01.png

そのように狭くて通常のドライバーが利用できない際、良く使うのが「スタビドライバー」です。

IMGP1327.jpg

大抵はこれで事足りるのですが、すきまがさらに狭かったり、指が入りづらくて力が入らない場合、このようなドライバーを使います。

IMGP1319.jpg

このドライバーの呼び方は「板ラチェットドライバー」、「極薄ドライバー」など、いろいろあるのですが、もっとも一般的な呼び名は「薄型ラチェットドライバー」だと思います。ラチェット付きなので、指の力が入らなくても、十分な力で締め付けることができます。

IMGP1318.jpg

【使用例】

先日、ロードバイクのハンドルバーにつけていたスペースグリップ(SG-100N)を取り外す際、通常のドライバーが入らないため、これを使いました。

IMGP1310.jpg

IMGP1313.jpg

ドライバーのねじ山を傷めないようにするには、程度な力でドライバーをねじに押し付ける必要があります。このような薄型ドライバーの場合は、このように指を添えるなどして、ドライバーをねじに押し当てながら回すようにします。

IMGP1315.jpg

それほど高いものではないので、一本持っておくと便利です。


-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。



関連記事
カテゴリ: DIY・便利グッズ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/598-dd427c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

  1. 無料アクセス解析