PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ディアリオのフロントブレーキ換装

2015.07.12/Sun/20:02:08

IMGP0854.jpgあさひのオリジナルバイク「ディアリオ」についていたフロントブレーキが寿命に近かったので、もう少しグレードの高いブレーキに交換しました。

【あさひのディアリオについて】

ディアリオとは、子供のために買ったサイクルベース・あさひのオリジナルクロスバイクです。カゴやライト、サークルロック、ドロヨケも付いて2万円台。超お買い得な自転車です。

IMG_7060.jpg

【フロントブレーキ不調】

先日、利用者(子供)から「フロントブレーキが鳴く」と言われ、状況を確認することにしました。お買い得なだけに、各種パーツは廉価品ばかりです。リアブレーキは基本性能が高く、経年変化に強いシマノのローラーブレーキが装着されていますが、フロントブレーキはデュアルキャリパー構造ながら、「鉄製」!。約4年前に購入したものですが、今見るとこんな感じで、みすぼらしい感じになっていました。

IMGP0794.jpg

ブレーキシューが減っているので、シューの交換で音鳴りは治まるかもしれませんが、ここはこんな状況なので、ブレーキ本体ごと交換することにしました。

IMGP0850.jpg

【ARAI(TEKTRO)800A 購入】

ブレーキを交換する場合は「アーチサイズ」と「シャフト長」が合わないといけません。この自転車は通常のフロントフォークに装着されているので「シャフト長」は通常のフロント用ブレーキとして販売されているのが適合します。次にアーチサイズは自転車によってまちまちなので、このように実測します。

IMGP0791.jpg

アーチサイズは、シャフト中央からブレーキシュー上端までを測るものということなので、だいたい60mm程度だということが分かりました。ただし、この自転車はドロヨケが付いていますので、それに接触しない程度のクリアランスがあるブレーキが必要で、元のイメージ通りのブラックのブレーキということで選定すると、ARAI ブランドの 800A(実は Tektro 800A の OEM)ということになりました。

IMGP0854.jpg

元のブレーキを取り外し、新しいブレーキと並べてみました。新しい ARAI 800A はアルミ製で肉厚。質感がだいぶ違います。

IMGP0855.jpg

取り外した鉄製キャリパーブレーキの重量を測ってみました。317g もありました。新しいブレーキは 200g なので、117g の軽量化にもなりました。

IMGP0862.jpg

【取付】

新しいブレーキを取付ました。多少、アーチサイズが長めなのが気になりますが、リム側面の適切な位置にブレーキシューが当たるようにセットすることができました。

IMGP0859.jpg

ブレーキの剛性感についても高くなりました。見た目も、鉄製のブレーキはこのようにペラペラなのに対し...。

IMGP0851_20150712192641e60.jpg

ARAI 800A は厚みがあってがっしりしています。

IMGP0860.jpg

これで、ブレーキの強化と手当ては終わりました。この ARAI 800A、標準装着のブレーキシューは大したものではなく、飛躍的に性能が上がったわけではありませんが、子供が安全に、音鳴りせず乗れれば良いので、ひとまずこれで良しとします。

【関連ページ】
お買い得クロスバイク「ディアリオ」
折りたたみ自転車のブレーキをデュアルピボットに換装 ALHONGA HJ-714AG
バンドブレーキをサーボブレーキに取り換え


-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
タグ: Tektro  テクトロ  800A 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/587-84ed553f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

  1. 無料アクセス解析