PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

投票日の政党の新聞全面広告の比較

2009.09.04/Fri/18:18:37

8月30日の衆議院選挙は、歴史的なイベントとなりました。民主党の圧勝という結果になりましたが、今回の選挙で自民党は、解散の先送りやネガティブキャンペーンなど、やることなすこと裏目に出ました。選挙は「戦略」とか「イメージ作り」とか、よく言われますが、日本人の心に響かないことをやると失敗します。

その選挙戦略の中で、8月30日の朝刊は、主だった政党が大きな広告を全国紙に展開しました。その広告のなかで、民主党の広告と自民党の広告を見比べてみたいと思います。

IMG_3104.jpgIMG_3103.jpg
民主党の全面広告自民党の全面広告
左側が民主党、右側が自民党の広告ですが、どうでしょう。私個人は特に決まった政党に肩入れする考えを持っていませんが、一目見ただけで民主党に軍配を上げます。自民党は党首の顔さえ出せないのが悲しさを誘います。またキャッチフレーズが「日本を壊すな。」ですって。小泉さんが「自民党をぶっ壊す。」と言っておきながら、今度は「壊すな」ですか、と。結果が伴っていないと、何を言っても白々しく聞こえます。

広告戦略はスキルとノウハウと経験が必要なので、恐らく党内のメンバーは広告会社(コンサルタント)の出してきた案について判断をするという立場でしょう。民主、自民クラスであれば、相当高級で名の通った会社に依頼しているはずです。

自民党は非常に劣勢だったので、米国等で用いられるネガティブ・キャンペーンに活路を見出したのかもしれません。「あいつらは悪だ。貴方たちは間違っている!」というのは米国では効果的かもしれませんが、繊細な日本人は、他人のことを悪く言う人たちのことを人格的に良く評価しません。間違った戦略を取ったのではないかと思われます。

特に、書いてある文章を見てみると、どちらが有権者に響くか明確になります。

政党 民主党 自民党
スローガン 政権交代 日本を壊すな
メッセージ あなたは言う。どうせ変わらないよと言う。政治には裏切られてきたと言う。しかし、あなたはこうも言う。こんな暮らしはうんざりだと。私は言う。あなた以外の誰が、この状況を変えられるのか。あなたの未来は、あなたが決める。そう気づいた時、つぶやきと舌打ちは、声と行動に変わる。そしてあなたは知る。あなたの力で、世の中を変えたときの達成感を。 あなたのために。この国のために。景気を後退させ、日本経済を壊してはいけない。バラマキ政策で、子供たちにツケを残してはいけない。偏った教育の日教組に、子供たちの将来を任せてはいけない。特定の労働組合の思想に従う、”偏った政策”を許してはいけない。信念なき安保政策で、国民の生命を危機にさらしてはいけない。希望ある明日は、着実な今日からしか生まれない。確かな日本は、具体的な政策の積み重ねからしか生まれない。現実を見据えた政策が、あなたの安心を支え続ける覚悟が、この国を守り抜く決意が、私たち自民党にはあります。


民主党は前向きです。「参加してくれ、やってくれ」と言い、この歴史的イベントに参加して達成感を共有してほしい、と言っているのに対して、自民党は「お前は間違っている、やめろ」と言っています。今まで散々間違ってきた人から「お前は間違っている」と言われると、反感は最高度に達するでしょう。

その点、民主党のメッセージであれば、投票者が「まさに自分の手で日本の歴史を変えたんだ」と共感を持ち、その後発足する新政権に対する支持も大きく強化され、一石二鳥です。

このように、新聞の紙面でのメッセージの伝え方だけ見ても、今回の選挙の行く末は明確に予想できた状況でした。期待が大きいだけに、今後民主党も順風満帆ではないでしょう。しかし、選挙戦の制し方については自民党よりも大きく上手だったと考えます。


-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。
関連記事
カテゴリ: その他
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/58-f8e53eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top