PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

コンパクトで収納性の高いパークツール・スーパー・パッチ GP-2

2014.09.14/Sun/22:23:52

IMAG0945.jpgチューブのパンクを直すのに必要なパッチですが、ゴム糊が不要な物を購入しました。限りなくコンパクトなパークツール・スーパー・パッチ GP-2 です。

【パンクへの備え】

自転車でツーリングに行くとき、どのような装備やスペア(リペア)パーツを持ってゆくかについては、個人の考えや行く場所や期間に応じて千差万別だと思います。

私の経験では、走り慣れていないツーリングのような道で100~200km程度に1回位、パンクに見舞われています。私の注意不足と言えばそれまでなのですが、「スネークバイト(リム打ちパンク)」は未だなく、細かい釘や突然のチューブの穴あきなどが主な原因でした。

したがって、パンクへの備えとして、ツーリングに行く場合は必ず予備のチューブを一本持っていきます。それで一回目のパンクは凌げます。確率的にはそれで大抵はカバーできます。運悪く立て続けにパンクをしたり、2本同時にパンクしたらどうするか。

私の考えとしては、そのような事態は確率的には非常に低いので、そのために2本目のチューブを持つのは避けたい。しかし、それが起きてしまったら万事休すになることも避けたい。その考えのもと、超小型のパンク修理キットを持つことにしました。それがこのパークツールのスーパーパッチです。

IMAG0945.jpg

これがあれば、パンクしたチューブを修理して復活させることができます。当然手間と処置としての完全性の観点でチューブ2本持ちよりも劣りますが、「2本パンクする確率は低い」と考え、なるべく余分な重量を減らしたいと考えた末の戦略です。

パンク修理時に絶対必要なインフレーター(空気入れ)に関しても CO2 ボンベにカートリッジは1本だけ。併せてマイクロポンプを持つという、同じような思想で装備しています。

IMAG0798.jpg

【内容】

2cm 四方のパッチが6枚。説明書とサンドペーパー。それだけです。パッチの裏に糊があらかじめ付いているので、ゴム糊は不要です。

IMAG0947.jpg

それらが究極にコンパクトなケースに収められています。この大きさであれば、サドルバッグの中のどこにでも入ります。

今回、この商品が欲しかったもう一つの理由が、飛行機輪行の可能性です。航空会社は自転車を手荷物として預かってくれますが、その際には梱包の中をチェックします。「ゴム糊」は運送不可能な品のリストに入っています。したがって、飛行機に自転車を乗せる場合は、CO2 インフレーターやゴム糊は持っていけません。したがって、今後の備えとして、このゴム糊不要のパッチを買ったというわけです。

ゴム糊を使う本式のパッチセットと比べると接着性が弱いという評判を聞くこともありますが、パッチによるパンク修理は、あくまで応急用と割り切っていますので問題ありません。いつか使うことがあると思いますが、できれば使う機会が長らく来ないことを望んでいます。

この商品、噂によれば Panasonic のイージー・パッチと物は同じということも聞きます。この収納ケースが秀逸なので、初回はこのケース入手のためにパークツールの物を買い、それが終わったら入手性に優れるパナソニックの物を買うという方針もありますね。

あとは、タイヤが断裂したらどうするか。予備のタイヤを持つのはかなり避けたいので、これを持参するのが対策なのでしょうね。


PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2CPARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C
()
PARKTOOL(パークツール)

商品詳細を見る


【関連ページ】
軽量コンパクト系輪行バッグの定番「オーストリッチ L-100」
しまなみ海道準備
CO2 インフレーターと併用したい超小型ポンプ Airbone ZT-702 Supernova


-----
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連記事
タグ: parktool  superpatch 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/525-1f182f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top