PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ケンジントン マイクロセーバー

2009.08.28/Fri/18:08:56

IMG_3045.jpg
お気に入りです。ケンジントンのマイクロセーバーです。典型的な利用法はノートパソコンの盗難防止ですが、意外な利用法も...。

米国ケンジントン社は、ノートパソコン用のグッズのブランドとして知られています。その会社の代表商品のマイクロセーバーを紹介します。

ノートパソコンを常に持ち歩く人にとって、ノートパソコンの紛失は絶対に避けなければなりません。ノートパソコンを机に置いた場合、片時も離れなければ良いのですが、人間なので休憩したりトイレに行ったりすることも発生します。そんな時、これがあればノートパソコンを盗難から守ることができます。図書館に行ったりするときに、ノートパソコンを机に置いて一時的に本を探しに行くような場合にも活躍します。

普段はこのように丸く巻いて小さくまとめることができます。
IMG_3045.jpg

このマイクロセーバーは「セキュリティ・ホール」と呼ばれる小さな穴に装着します。下の写真はIBMのThinkPadですが、ちゃんとロック用の穴があります。この穴の形と大きさはデファクト・スタンダードになっているようで、マニュアルでも「ケンジントンロック用のホール」と固有名詞で呼ばれています。
IMG_3050.jpg

この縦長の穴にワイヤーの一端に付いているロック部分を差し込みます。差し込む際は、このようにキーをつけて90°まわした状態で差し込みます。この状態ではキーは抜けません。
IMG_3049.jpg

ホールにロック部分を差込み、90°キーをまわして抜くと、ロック部分はノートPCに固定されます。
IMG_3051.jpg

このとき、PCの内部ではロック部分が穴の内部で回転し、下の写真のように穴から抜けない状態になっているわけです。
IMG_3046.jpg

この商品が所有欲をくすぐるのはしっかり作ってあるからです。ワイヤーの取り付けはすごくしっかりしていますし、太さもなかなか太いです。さらにワイヤーを覆っている樹脂製の被服にはちゃんとかっこいいロゴが付いているんです!
IMG_3056.jpg

で、ノートパソコンに固定した反対側はワイヤーがループになっているので、このようにワイヤーを通して固定します。写真では便宜上机の脚にワイヤーを回していますが、軽い机だと脚を浮かせるとワイヤーが外れてしまいますので反対側も容易に外れない部分に取り付けることが重要です。
IMG_3052.jpg

さて、このマイクロセーバーですが、私、海外出張にいく場合は必ず持って行きます。ノートPCの盗難に備えるのが一番の理由ですが、別の使い方もできます。このような小さな南京錠も持って行き、組み合わせます。
IMG_3053.jpg

旅先でスーツケースを部屋に置いておく場合、このマイクロセーバーと南京錠で部屋に固定できるのです。写真はスーツケースの代わりにアタッシュケースにしていますが、こんな感じで。
IMG_3054.jpg

南京錠はこんな感じで使い、マイクロセーバーのロック部分に専用の穴がなくても大事なものをくくりつけておくことができるわけです。
IMG_3055.jpg

海外出張に良く行く方は知っているかと思いますが、海外のホテルの客室は決して安全な場所ではありません。貴重品を何も対策をせず放置した場合、日中外出しているうちに紛失してしまう可能性があります。幸い、そのような被害に私は合ったことはありませんが、スーツケースを部屋の中に放置しておくことはセキュリティ上あまり安心ではありませんでした。そこでこの「マイクロセーバー&南京錠」でクローゼットの中にロックしておくことでだいぶ安心感が高まりました。海外出張に行く方はぜひともお試しを。

-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/51-06452fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top