PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

小型カメラバッグのリクセン化

2011.12.25/Sun/22:44:06

IMG_8369.jpg小型のカメラバッグを格安で入手したので、それをリクセンカウル用のアタッチメントを付けて「リクセン化」を行ってみました。
【小型カメラバッグ入手】

近所の家電ショップで、歳末在庫処分と称して小型のカメラバッグがワゴンセールで安売りしていて、思わず買ってしまいました。

IMG_8336.jpg

Kenko の KSV-01 というジッパー開閉タイプの小型カメラバッグです(幅22cm x 高さ17cm x 奥行14cm)。約0.5cm位のウレタンの緩衝材が仕込まれていて、収納部は、まず外側全部にポケットが1つ。内部は、2つのコンパートメントに区切られています。また、内部の後ろ側には書類やクロス等を入れる用途のポケットがありました。

IMG_8337.jpg

バッグの裏側には、ベルトを通すためのマジックテープ留めのフラップがありました。

IMG_8338.jpg

【リクセン化!】

このような、通常のバッグ類をリクセンカウルのアタッチメントに装着できるように改造することを「リクセン化」と言うそうで、そのための必需品がこの「アダプター・プレート」です。

IMG_8331.jpg

アダプタープレートのセットは以下のようにアダプタープレートとバックプレートとそれらを結合するボルトナットがセットとなっています。

IMG_8335.jpg

今回入手した小型カメラバッグの裏側に、このようにアダプタープレートを装着し、リクセンカウルのアタッチメントにカメラバッグを着脱可能にしようともくろんだわけです。

IMG_8339.jpg

アダプタープレート装着のオプションとしては、大抵、バッグの背面裏側に塩ビ板かプラバンのような補強版を入れ、裏面プレートと共締めする方法が一般的です。しかし、今回のバッグは小型で、当初はあまり重いものを入れないつもりであり、ちょうど裏側にフラップがあるため、これを利用して簡易的にプレートを取り付けることにします。

IMG_8345.jpg

アダプタープレート取付用に添付されているビスは M5 のビスです。しかし、このフラップにアダプタープレートだけを取り付けるためには少々長すぎます。また、フラップを閉じた際に、ビスの頭の厚みが大きいと、フラップが浮いてしまいます。そこで、このような「超低頭」というタイプの M5x10mm のビスを4本と、

IMG_8374.jpg

このような M5 ビス用の 12mm のワッシャーを組み合わせて取り付けることにします。

IMG_8373.jpg

ナットは、もともと付いている、緩み止め付きの M5 用ナットをそのまま使います。

IMG_8360.jpg

まずはプレートの位置決めを行います。

IMG_8344.jpg

プレートのビス穴の中心部に「つまようじ」を差して目印にしました。

IMG_8346.jpg

この状態でフラップを裏返すと、ビス穴の左右はフラップの縁取りの折り返し部の先端になることがわかりました。

IMG_8348.jpg



今回、アダプタープレートをなるべくバッグの上部に取り付けたいため、上下の位置決めをし直します。このフラップの上端にこのビス穴用ワッシャーを合わせ、上下の位置を再調整します。

IMG_8349.jpg

このように、今度は裏側からつまようじを差して...。

IMG_8350.jpg

ビス穴位置にマーカーで印をつけます。

IMG_8351.jpg

次に、生地への穴開けです。5mm のボルトなので、きりや千枚通しの穴では少々小さすぎます。そこで、この穴開けようポンチを使うことにしました。

IMG_8352.jpg

穴は 5mm だと大き過ぎなので、ビスの径よりも少々小さめの 3mm 程度の穴にします。このように生地を挟んで強く握ると「パチン」を穴が開きます。

IMG_8353.jpg

無事に穴が開きました。

IMG_8357.jpg

フラップの裏側から、このようにワッシャーと「超低頭」ビスを差し込みます。

IMG_8358.jpg

表側から見ると、こんな感じです。

IMG_8359.jpg

そこで、アダプタープレートを装着し、ナットを入れ、固定します。ところが、この場合、ナットをアダプタープレート側にしているため、穴が円形で、締めつけ時にナットが空回りしてしまいます。そこで、8mm のボックスレンチを入れようとしましたが穴がナットの大きさぴったりであるため、ボックスレンチが入りません。

IMG_8363.jpg

苦肉の策で、このようにピンセットを隙間に入れてナットの空転を抑えつつボルトを締めました。

IMG_8364.jpg

上部2か所をボルトで固定し、今度は下部2か所で同じようにマーキング、穴あけ、ボルト固定を行います。

IMG_8365.jpg

IMG_8366.jpg

IMG_8367.jpg

IMG_8368.jpg

できました!一旦完成です。

IMG_8370.jpg

IMG_8371.jpg

このようなフラップに付けていることで少々強度と保持力が心配ですが、問題があれば、ちゃんと補強して付け直す予定です。

IMG_8372.jpg

【バッグ装着時の状況】

早速付けてみました。小型なので、装着時のバランスもいい感じです。

IMG_8388.jpg

IMG_8389.jpg

IMG_8390.jpg

IMG_8391.jpg

元々装着を行っていた、買い物用バッグ「ショッパーズコンフォートミニ」を同時に付けるとこのような感じです。こうすると相当収納力があり、日帰りの遠出には十分な位の荷物が積載できそうです。

IMG_8392.jpg

バッグのフタの開く方向が、このように手前側になっているので、自転車でポタリングしながら、気に入った風景に遭遇した際に気軽にカメラを取り出して撮影するというような用途に良さそうです。

IMG_8394.jpg

カメラを入れた場合に重みがどの程度このバッグに作用するのか未知数ですが、簡単にカメラバッグを取り付けることができる「リクセン化」は非常に便利で経済的だと思いました。



【関連ページ】
リクセンカウル ショッパーズコンフォートミニ(折畳編)
念願の「リクセンカウル ショッパーズコンフォートミニ」(購入編)
念願の「リクセンカウル ショッパーズコンフォートミニ」(装着編)
リクセンカウル ショッパーズコンフォートミニ(装着編2)
リクセンカウル ショッパーズコンフォートミニ(折畳編
小径自転車に買い物用バッグの取り付け




-----
最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/413-56f9bf81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top