PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

間違えやすい日本語、「確信犯」

2010.05.14/Fri/00:19:14

今回は、手短に間違えやすい日本語の用法について簡単に紹介したいと思います。

例えば、よく、こんな会話がされると思います。


「彼も同時に3人の女性と付き合ったりして、いつかしっぺ返しが来るのではないかね~?」

「確信犯だからね。覚悟していると思うよ。」


ところが、この「確信犯」の使い方は間違っています。

大辞林 第二版 (三省堂)で、「確信犯」とは

「道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。」

とされています。

つまり、本来の「確信犯」とは、「自分が正しいと確信して行っている」行動であり、「悪いと分かっていて」行っている行動ではないのです。

ところが、このあたりの誤解が非常に多いため、「大辞泉」ではこのようにも書かれています。

1 道徳的、宗教的または政治的信念に基づき、本人が悪いことでないと確信してなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。
2 《1から転じて》悪いことだとわかっていながら行われた犯罪や行為。また、その行為を行った人。「違法コピーを行っている大多数の利用者が―だといえる」
◆「時間を聞きちがえて遅れたと言っているが、あれは―だよね」などのように、犯罪というほど重大な行為でない場合にも用いる。2の意はもともと誤用とされていたが、平成14年(2002)に行われた文化庁の世論調査で50パーセント以上の人がではなくの意で用いると回答した。



あまりに多くの日本人が「確信犯」の意味を取り違えているため、その意味がすでに転化しつつあるということのようです。

現時点では冒頭に述べたような「確信犯」の用法は「間違っている」と指摘できますが、もしかすると20年後、確信犯の意味は上記「2」の使われ方も正当な用法に転化しているかも知れません。

レビューとは言えない記事ですが、いつか書こうと思っていたので、ブログに残しておくことにします。

-----
最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。

関連記事
カテゴリ: その他
タグ: 日本語  用法  確信犯 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/231-dcd9c8aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top