PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

ちょっと気になったこと(新宿ハイアットの外壁)

2010.03.25/Thu/00:27:25

Hyatt02.jpg気になったことは調べずにはいれない性格なので、今回は大抵の人にはあまり興味がない話題です。

西新宿の高層ビル街の一角に「ハイアット・リージェンシー」というホテルがありますが、その外壁に書いてある文字についての話題です。

【ハイアット・リージェンシー】

このホテルは小田急電鉄の資本が入った「ホテル・センチュリー・ハイアット」として1980年9月15日に運営を開始し、2007年10月1日に「ハイアット・リージェンシー東京」と名称変更を行いました。今年で30周年を迎える高級ホテルです。

仕事の関係で、最近そのホテルの近くを通るのですが、そのホテルの正面入り口からみて左側の側壁(東側)の入口上にこのようなアーチを模した石の造詣が施されています。

Hyatt01.jpg

その上部を見ると、何やら文字が刻まれています。拡大図してみると下記のようになります。

Hyatt02.jpg

"PAX INTRANTIBVS" "SALVS EXEVNTIBVS" と書かれていますが、英語ではありません。この場所を通るたびに、この文章の意味を調べようと思いつつ、時間が経ってしまいました。

---

さっそく調べてみました。インターネットのおかげて、こんな調べ物も数分で終わるようになりました。便利になったものです。

この "PAX INTRANTIBVS" "SALVS EXEVNTIBVS" は「訪れる人に安らぎを、去り行く人にしあわせを」と言う意味のラテン語で、中世の風情を色濃く残す珠玉の城塞都市、ドイツ連邦共和国ローテンブルグ市のシュピタール門に刻まれているのが起こりだそうです。

羽田空港ターミナル2のアトリウムの壁にも同じ文章が書いてあるそうです。今度見に行ってみよう。

日本空港ビルディング株式会社のホームページに、このシュピタール門を動画で紹介してくれるページがあります。このページです。

-----
最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。

関連記事
カテゴリ: その他
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/212-2fd14268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top