PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

【週末散歩】空港セキュリティーと全身スキャナー

2010.01.10/Sun/12:32:22

【週末散歩】

レビュー記事ばかり書くのも無味乾燥だということで、色々なよもやま話を書き綴ろうというのが「週末散歩」です。散歩と言っても必ずしも外出したことばかり書くわけではなく、書きたいことを自由に書いてみようという趣旨です。

Luggage_screening.jpg

【ノースウエスト航空機爆破未遂事件その後】

何度か米国内の航空機を利用したことがありますが、米国空港のセキュリティ・チェックは相当厳しいものです。例えば、ベルトや上着、靴も外して X線チェックに通さなければなりません。一度、ロサンゼルス空港の荷物の検査にカバンを3度も通されて辟易したことがありました。

それが、2009年12月25日に発生したオランダ・アムステルダム発デトロイト行きノースウエスト航空253便爆破未遂事件を契機にセキュリティ体制がさらに強化されたようです。

元はと言えば、CIAテロ情報を掴んでいたにも関わらず、その情報が関連組織に行き渡らなかったという上層部の失態だったと伝えられていますが、そのしわ寄せが空港利用顧客にも回ってきたという事態です。たとえば、これとかこれ

また、先日はガールフレンドに別れのキスをするために、セキュリティ・ゲートを男がくぐり抜けた結果、その男は逮捕され、空港が6時間にわたって閉鎖されるという事件もおきました。記事はこれ

【全身スキャナー】

年末の爆破未遂事件では、男が爆発物を下着に縫いつけて搭乗したという事実を受け、「全身スキャナー」の採用を英国のヒースロー空港が決め、それに倣ってその他の空港も続々とその導入を決めたそうです。

そのスキャナーによる画像のサンプルがこれ。ミリ波による全身CTのようなもので、X線は使わないと言われています。

airport-scanner.jpg

下記の画像もこのトピックで良く引き合いに出されますが、これは上の画像と性質が異なって見えます。もしかするとX線を使った別のスキャナーかもしれません。

Backscatter_x-ray_image_woman.jpg
(From wikimedia commons)

いずれにしても全くもって「透視」に近いわけで、手術の跡なども一目瞭然です。プライバシーの侵害に当たるとか児童ポルノに厳格な米国などでは、子供をこのスキャナーに通すことは児童ポルノ画像の生成に相当するなどの議論も噴出しています。

英国のテレビでの街頭インタビューでは、「安全には代えられない」との概ね肯定的な意見が多かったようですが、私の場合は、そのスキャナーに入れと言われると少々躊躇してしまうかもしれません。

-----
最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

関連記事
カテゴリ: 週末散歩
タグ: Human  Scanner  Airport 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

承認制としています。無関係なものは承認されない場合があります。
トラックバックURL
→http://ace.reviewmagic.jp/tb.php/167-bd231b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top