PR

カテゴリ

プロフィール

最新記事

注目の商品

Facebookページ

レビューマジック

こだわりモノを中心としたレビューブログ。商品評価、感想など

超弩級スポーツカー同士のゼロヨン対決(その2)

2010.05.15/Sat/16:18:11

Lexus_LFA01.jpg 米国の自動車メディア「モータトレンド」の企画で、今度は日本の誇るスーパーカー2台、Lexus LFA と 日産 GT-R の 0-400m 対決(正確には1/4マイルなので0-402m対決)が行われ、そのビデオが YouTube に公開されています。

LEXUS LFA は価格でもパワーでも GT-R を凌駕しています。どちらが勝つのでしょうか。
nissan_GT-R.jpg
-- 本文を読む
カテゴリ: クルマ
タグ: Lexus  LFA  NISSAN  GT-R 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

トヨタの公聴会での女性の証言

2010.02.25/Thu/22:39:24

今日は、手短かに。

【トヨタの公聴会1日目】

アクセルペダルが戻らなくなったという原因に端を発したトヨタのリコール問題は、アクセル操作の電子制御の不具合への疑念へと発展しています。

2月23日に米国で行われたトヨタの公聴会で、レクサスES350に乗っていたときに制御不能の暴走を体験したと証言しました。引用するとこのような状況だったそうです。

米テネシー(Tennessee)州のロンダ・スミス(Rhonda Smith)さんは、2006年10月に起きたこの出来事の際、死を覚悟したと証言した。

新車の「レクサスES 350」で高速道路に合流したところで、スミスさんは突然、時速70マイル(約113キロ)から100マイルへの不可解な急加速を体験した。

必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がることなく車は高速道路を疾走した。



ここで思ったのですが、彼女(ロンダ・スミス)の乗っていたクルマはハイブリッド車ではなく通常のオートマティックのガソリン車です。「ギアをバックに入れた」と言っていますが、高速走行中にギアがバックに入るのかと思いました。

ES350_1.jpg
(Lexus ES350 運転席)

ただ、色々調べてみるとそのクルマ(ES350)のシフトはトランスミッションとメカニカルにつながっているものではなく、電気的につながっているものらしいのです。(参考記事1 参考記事2

そうなると、走行中にギアをバックに入れることもできるかと考えなおしました。

「加減速を司るアクセル電子制御に問題がある」と言われると、そんなクルマに乗りたい人は激減することでしょう。真相が早く究明されることを望みますが、その「真相」が実は本当に電子制御システムに重大な問題があったということになれば、トヨタだけでなく、日本製品のブランドイメージにとって、大打撃になるに違いありません。

今後の展開が非常に気になるところです。

【関連記事】
受難のトヨタ
トヨタのリコール問題について
SAI - MEGAWEB にて

-----
最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

カテゴリ: クルマ
タグ: Lexus  ES350  暴走 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

受難のトヨタ

2010.02.03/Wed/22:27:04

Logo_toyota.jpg世界のトヨタが、このところ受難続きです。

本当に踏んだり蹴ったりという状況になっています。

-- 本文を読む
カテゴリ: クルマ
tb: 0 |  cm: 0
go page top